11万4,000人がとりくむ健康チャレンジ

医療福祉生協では、禁煙や運動などを一定期間実施する「健康チャレンジ」に全国各地でとりくんでいます。2016年度は11万4,000人がこの健康チャレンジに参加しました。

健康チャレンジは、より健康な生活習慣を身につけるために、設定された数多くのコースからいくつかを選んでとりくみます。友人・職場・家族などグループでエントリーして、実践状況を毎日記録し結果を報告します。記録した結果に基づいて、班や支部の健康づくりインストラクターからアドバイスももらいながら、気軽にとりくむことのできる健康習慣の見直しの機会となっています。

近年は小学校の協力も得て、子どもの生活習慣改善にとりくむ「キッズチャレンジ」も広がっています。各医療福祉生協は、自治体や教育委員会の後援も得て「地域まるごと健康づくり」の普及に努めています。