小禄にじのひろば べんきょう室


小禄にじのひろば
べんきょう室

沖縄医療生協

 2014年に、小禄地域の集いの場「小禄にじのひろば」が誕生。ここを活用して、子どもの学習支援ができないかと、2016年に3支部の合同で始めたのが、「小禄にじのひろば べんきょう室」です。毎週土曜日、夏休みには週3回開催してきました。

続きはcomcom8月号をご覧ください。

無料低額診療と
沖縄協同病院コロナ禍の対応

沖縄医療生協

 沖縄医療生協は、2010年10月から無料低額診療事業を始め、現在は3つの病院と6つの診療所で実施しています。11年間で、7541人の利用者があり、減額の総額はおよそ7400万円になります。利用件数は少しずつ減ってきていたのですが、コロナ禍の2年は件数が増えている状況です。

続きはcomcom8月号をご覧ください。

fm那覇
「沖縄医療生協 にじのひろば」

沖縄医療生協

 沖縄医療生協がfm那覇で番組を持つようになったのは、診療所の相談会で、弁護士から「ダブルワーク・トリプルワークの家庭もある。時間がない中での情報源としてラジオがいい」という話を聞いたことによります。
「より多くの健康づくりや医療の情報を届けたい」。

続きはcomcom8月号をご覧ください。

避難者検診〜ふるさと健診

沖縄医療生協

 「放射能への不安と恐怖しかありませんでした」。少しでも原発から離れたところへと沖縄県への避難を決めました。沖縄県の受け入れ体制がよかったこと、医療福祉生協があれば安心という思いもありました。「健康でさえいれば、失ったものも取り戻せる」と考えてはいても、慣れない地域での生活の大変さ、健康への不安は大きく、精神的にもつらい状態…。

続きはcomcom8月号をご覧ください。

とよみ生協病院の建設

沖縄医療生協

 沖縄協同病院開設は1976年のこと。沖縄医療生協ができて、わずか4年での病院建設でした。当時の思いを受け継ぎながら新病院の建設、「医療の質」向上への挑戦が始まっています。

続きはcomcom8月号をご覧ください。

今月のcomcom


comcom8月号の表紙
よし介工芸館「灯台」

特集

わったあ診療所が うまんちゅの医療福祉生協に
うまんちゅと歩んだ 沖縄医療生協の50年

表紙の作品

社会福祉法人東京コロニー アートビリティ
障がい者の所得支援を続けてきた「社会福祉法人東京コロニー アートビリティ」が、アートの分野で力を発揮する人材を後押しし、その才能を収入に結び付けるために始めた事業です。

購読のお申し込みについて

comcomは医療福祉生協の情報誌(毎月20日発行、定価380円(税抜))です。

  • 医療・保健・福祉情勢を中心に現代を見つめ、タイムリーな情報をお届けします。
  • 健康づくり・まちづくりをすすめる全国の医療福祉生協の取り組みを紹介します。
  • 病気予防になる料理レシピ、映画・音楽情報など楽しい記事もいっぱいです。

購読のお申し込みは、お近くの医療福祉生協事務所までお願いします。