コロナ禍を経て 地域で考える子ども食堂

高知医療生協

高知県には、88か所の子ども食堂があり、コロナ禍においても30か所ほどが何らかの活動を続けています。高知医療生協がかかわる2つの子ども食堂も「つながりを途切れさせない」という思いで、子どもと家族を応援しています。そんな思いをレポートします。

続きはcomcom2月号をご覧ください。

今月のcomcom


comcom2月号の表紙
渡部一喜さん「梅とメジロ」

特集

日本にいる外国人の人権を考える

表紙の作品

社会福祉法人東京コロニー アートビリティ
障がい者の所得支援を続けてきた「社会福祉法人東京コロニー アートビリティ」が、アートの分野で力を発揮する人材を後押しし、その才能を収入に結び付けるために始めた事業です。

購読のお申し込みについて

comcomは医療福祉生協の情報誌(毎月20日発行、定価380円(税抜))です。

  • 医療・保健・福祉情勢を中心に現代を見つめ、タイムリーな情報をお届けします。
  • 健康づくり・まちづくりをすすめる全国の医療福祉生協の取り組みを紹介します。
  • 病気予防になる料理レシピ、映画・音楽情報など楽しい記事もいっぱいです。

購読のお申し込みは、お近くの医療福祉生協事務所までお願いします。