コロナ禍の地域医療を守るために

医療生協かわち野

新型コロナウイルス感染症拡大と国の初期対応は、熱が出てもすぐに病院や診療所で診てもらえない“発熱難民”を生みました。そんな人たちの受療権を守ろうと、医療生協かわち野の東大阪生協病院は「発熱外来」を4月8日に開設。地域組合員や全国の医療福祉生協の応援も受けながら、職員の連携でコロナ禍の地域医療を続けています。

続きはcomcom9月号をご覧ください。

今月のcomcom


comcom9月号の表紙
みんなのひろばさん「ナス」

特集

子ども・子育て支援のいま そして明日へ

表紙の作品

社会福祉法人東京コロニー アートビリティ
障がい者の所得支援を続けてきた「社会福祉法人東京コロニー アートビリティ」が、アートの分野で力を発揮する人材を後押しし、その才能を収入に結び付けるために始めた事業です。

購読のお申し込みについて

comcomは医療福祉生協の情報誌(毎月20日発行、定価380円(税抜))です。

  • 医療・保健・福祉情勢を中心に現代を見つめ、タイムリーな情報をお届けします。
  • 健康づくり・まちづくりをすすめる全国の医療福祉生協の取り組みを紹介します。
  • 病気予防になる料理レシピ、映画・音楽情報など楽しい記事もいっぱいです。

購読のお申し込みは、お近くの医療福祉生協事務所までお願いします。