「日本医療福祉生活協同組合連合会 第8回通常総会」開催報告
~提案の全議案を採択し終了~

 医療福祉生協連は、2018年6月8日、ホテルイースト21東京において、第8回通常総会を開催しました。
 開会にあたり藤原高明代表理事会長理事は、全国の医療福祉生協で活動をひろげ、新たなつながりを積極的に加入へ結びつけた結果300万組合員を達成することができました。医療福祉生協の特徴は、ともに組合員として、生協を担う地域住民と医療や福祉を担う専門職がそれぞれ主体者として協力しあうことにあり、その優位性を事業と活動の全ての場面で活かすことを大切にしてきました。そして、医療機関・介護事業所などを所有・運営し、地域のよりどころとしての居場所も増やすことを通じて、その特徴を最大限に生かしあらたな飛躍を作り出したいと述べました。また発災から7年を迎えた東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所事故について、被災地の人たちの苦しみと悲しみに寄り添い、ひきつづき支援に力を尽くす決意を述べました。

 会員生協の代議員202名(実出席157名・委任出席7名・書面議決38名)と傍聴者・報道など(含む役員・事務局など)71名の合計273名の参加のもとで開催しました。総会では、2017年度事業報告・決算、2017年度事業計画・予算、定款・役員選任規約の一部変更、役員の補充選任など理事会から提案した7議案を討議し、全体討論のあと、すべての議案を全会一致で採択し、2つの総会アピール(「今こそ日本国憲法を300万組合員とともに学び、対話をひろげ、理念にかかげる『平和をつくる。』を実現しましょう」「生協の『総合力』を活かしきり、健康なまちづくりと経営基盤の安定化をすすめよう」)を拍手で確認し、総会を終了しました。

 来賓として、以下の5名の方にお越しいただき、ご祝辞を賜りました。
厚生労働省社会・援護局 地域福祉課 消費生活協同組合業務室 室長 岡河 義孝 様
公益社団法人 日本医師会 常任理事 市川 朝洋 様
公益社団法人 日本歯科医師会 副会長 牧野 利彦 様
公益社団法人 日本薬剤師会 専務理事 寺山 善彦 様
日本生活協同組合連合会 代表理事会長 本田 英一 様

 また、自由民主党・公明党をはじめ多くの政党、医療・福祉団体、生活協同組合等からメッセージや祝電をいただきました。

 議案提案後の全体討論では、17名の代議員から発言がありました。総合力の発揮、助け合い運動や総合事業のとりくみなど幅広いテーマで活発な議論が行われました。

▲通常総会の様子

▲採決の様子

医療福祉生協連
藤原会長によるあいさつ

厚生労働省  岡河様

日本医師会 市川様

日本歯科医師会 牧野様

日本薬剤師会 寺山様

日本生協連 本田様

<議案内容>
 第1号議案 全国の医療福祉生協2017年度活動のふりかえりと2018年度の重点課題承認の件
 第2号議案 2017年度事業報告書及び決算関係書類承認の件
 第3号議案 2018年度事業計画及び予算決定の件
 第4号議案 定款の一部変更の件
 第5号議案 役員選任規約の一部変更の件
 第6号議案 役員補充選任の件
 第7号議案 役員報酬決定の件

決算関係書類(PDF:84KB)