医療福祉生協のつながりマップでまちづくり! 事例紹介 第2弾

 医療福祉生協は、安心してくらせるまちづくりをめざして、地域の「つながりマップ」づくりにとりくんでいます。地域にどんな資源があり、何が足りないかを見える化し、医療福祉生協でできること、自治体や他の組織と協力してできることなどを考え、具体化をめざしています。

つながりマップは2015年度からの2年間で83生協(791支部・58事業所)で作成されています。

(2017年3月末時点)

 

「ご縁SAMURAI」の活躍で地域のネットワークが豊かになったとりくみ

【出雲医療生活協同組合 大津支部】

マップとにらめっこする「SAMURAI」メンバー

つながりマップのテーマ・目的

 地域包括ケアを見据え、支部で活躍できる人材を見つけ出し地域を支える活動を一緒にとりくみたいと、大津支部の男性組合員「SAMURAI」を中心に、つながりマップづくりにとりくみました。

 

作成したマップから見えてきたこと

 大津支部の北部では多くの組合員さんに機関紙「すこやか」を郵送していました。その組合員世帯をマップに記していく中で、北部の地区以外にも機関紙を郵送している世帯が多くあることに気づきました

 

つながりマップをこうやって使いました

 機関紙が郵送されている世帯は、マップづくりに参加した「SAMURAI」たちの知り合いであることがわかり、配達世話人になってもらう声がけにつながりました。また「SAMURAI」たちの知り合いで組合員でない方も多くいることもわかり、組合員加入の声かけを行うきっかけにもなりました。

 

つながりマップを使ったらこんな成果が生まれました

 「SAMURAI」の「ご縁」により長年の課題であった北部地区の配達世話人の発掘をすすめ、16名の配達世話人が誕生し、地域のネットワークが豊かになりました。つながりマップは「支部の皆さんが問題を共有し、意識を持ってその問題にとりくむ」という活動づくりにとても役立てることができました。