送迎が育む たすけあい

comcomは医療福祉生協の情報誌(毎月20日発行、定価410円)です。

  • 医療・保健・福祉情勢を中心に現代を見つめ、タイムリーな情報をお届けします。
  • 健康づくり・まちづくりをすすめる全国の医療福祉生協の取り組みを紹介します。
  • 病気予防になる料理レシピ、映画・音楽情報など楽しい記事もいっぱいです。

購読のお申し込みは、お近くの医療福祉生協事務所までお願いします。

 

comcom月号が発刊されています

【comcom4月号表紙】
秦美紀子さん「薔薇色の情景」
社会福祉法人東京コロニー

■特集
子ども・子育て支援のネクストステージ

 

【インタビュー】
日本大学文理学部 教授 末富芳

 

【リポート】
始めたからこそ見えた
 子どもたちの今 子ども食堂のこれから

 

 

 

 

■協同のある風景

送迎が育む たすけあい
―おじさん組合員による患者送迎―

西濃医療生協

きっかけは経営危機
 岐阜県大垣市にある西濃医療生協は2001年に誕生した医療福祉生協です。事業開始は2002年10月。初年度に4000万円近い赤字を計上しました。翌年度も改善の見通しがたたず、2003年7月には日本生協連医療部会(当時)から「経営対策が必要な生協」に指定されました。
 西濃医療生協の設立からかかわり、理事長もつとめた宇津時雄さんは当時を振り返ります。「場所も悪いでな、診療所の利用者が少なかったんやわ。念願の診療所が始まってすぐに大きな赤字。自分たちの診療所をなんとかせなあかん。ひとりでも多くの組合員に診療所を利用してほしい。そのためにできることから始めようと、定年退職して自由な時間がある男性5~6人のメンバーで送迎を始めたんや」

 

帰りはどこでもOK
~送迎が生活支援に~

 こうして2004年1月に組合員による患者送迎がスタート。利用は無料、西濃医療生協が所有する車両で送迎します。送迎は月曜日から土曜日の午前8時半~午後1時まで利用可能で、希望者は利用の前日までに診療所受付で予約をします。利用者は少ない日で20人、多い日は40人を超えます。

続きはcomcom4月号をご覧ください!