医療福祉生協のつながりマップでまちづくり! 事例紹介 第1弾

 医療福祉生協は、安心してくらせるまちづくりをめざして、地域の「つながりマップ」づくりにとりくんでいます。地域にどんな資源があり、何が足りないかを見える化し、医療福祉生協でできること、自治体や他の組織と協力してできることなどを考え、具体化をめざしています。

つながりマップは2015年度からの2年間で83生協(791支部・58事業所)で作成されています。

(2017年3月末時点)

 

お店や行政とつながり地域での健康づくりがすすんだとりくみ

【青森保健生活協同組合 小柳支部】

健康運動指導士による「ストレッチ体操で転倒予防」

つながりマップのテーマ・目的

地域住民や地域の団体とつながり、居場所づくりや班※づくりを行うため。

 

作成したマップから見えてきたこと

小柳支部のけやき地区には班がなく、組合員の活動が活発でないエリアがあることがわかりました。

 

つながりマップをこうやって使いました

けやき地区で「何ができるか」「誰とつながることができるか」マップをもとに支部で検討しました。組合員理事が地元企業の会長さんと知り合いだったことから、地域の居場所づくりに協力が得られないか相談してみることになりました。

 

つながりマップを使ったらこんな成果が生まれました

地元企業の会長さんと懇談をおこなったところ、「当社の支店を利用して、地域のみなさんの健康づくりができるような活動にとりくんでほしい」と快く協力に承諾していただくことができました。健康づくりにとりくめる居場所として活用したり、青森市の保健師を講師に学習会をひらくなど、行政との関係も近くなりました。

 

※班とは、組合員が自主的にグループをつくり、健康づくりの活動などを行う場のこと