「フレイル予防とまちづくり」をテーマに学びを深めました。

医療福祉生協連第7回総会方針学習企画
「フレイル予防とまちづくり」

医療福祉生協連は、2017年6月8日、第7回総会方針学習企画「フレイル予防とまちづくり」を70生協179名の参加で開催しました。
東京大学高齢社会総合研究機構 特任研究員 神谷哲朗氏の講演では、フレイル予防をすすめて社会性を維持することが、生活の広さ・豊かさにつながり、身体機能や健康状態に大きく関わることを学びました。
医療福祉生協連健康づくり委員会 川﨑順子委員長による「健康づくりでつながりづくり」について、医療福祉生協連歯科委員会 中澤桂一郎委員長による「健康長寿延伸のために口の健康づくり」についての報告がありました。


東京大学高齢社会総合研究機構
神谷哲朗氏


シンポジストのみなさん

神谷氏を交えたシンポジウムで、フレイル予防についてフロアと意見交換をしました。フレイル予防に関する最新の研究知見を『栄養』『運動』『社会参加』という3つの側面から学び、まちづくりとの関連で考える機会となりました。