健康づくりでつながりづくり ~25年続く「すこしお」の現場を訪ねて~

comcomは医療福祉生協の情報誌(毎月20日発行、定価410円)です。

  • 医療・保健・福祉情勢を中心に現代を見つめ、タイムリーな情報をお届けします。
  • 健康づくり・まちづくりをすすめる全国の医療福祉生協の取り組みを紹介します。
  • 病気予防になる料理レシピ、映画・音楽情報など楽しい記事もいっぱいです。

購読のお申し込みは、お近くの医療福祉生協事務所までお願いします。

 

comcom8月号が発刊されました

【comcom 2017年8月号の表紙】
カミッラちゃんの「だったらいいな」
絵本作家 壁谷芙扶(かべや・ふよう)

■特集①
ナガサキからのメッセージ

 

【インタビュー】
升本 由美子 いきいきコープ理事長 
 三田村 静子 組合員・平和案内人 
 ナガサキ フィールドワーク
 ナガサキの被爆遺構を巡る

 

■特集②
ありがとう 創刊600号記念企画
おかげさまで600号!

 

 

 

■協同のある風景

健康づくりでつながりづくり~25年続く「すこしお」の現場を訪ねて~

宮崎医療生協 県北支部
 日本で最も多い疾患は高血圧で約4300万人、予備軍を入れると5000万人いるそうです。もはや国民病といってもいいくらいです。日本高血圧学会減塩委員会委員の日下美穂医師によれば、高血圧の薬はもう出尽くしており、これからは薬と減塩の両方で治療することが大切とのこと。日本高血圧学会は食塩摂取量を1日6g未満、WHO(世界保健機関)は5g未満を推奨しています。
 みなさんの中には3年前に神戸でおこなわれた、第10回健康づくり学会に参加された方もいるでしょう。学会にはたくさんの演題が寄せられ、その中から学会長賞に輝いたのが、茄子田和哉さん(宮崎医療生協県北支部)の「一目瞭然の塩分摂取改善~20年のとりくみについて~」でした。20年かけて尿中塩分濃度6g以下の組合員が班会参加者の7割以上を占めるまでに至った経緯の報告です。
 宮崎医療生協県北支部の「すこし」継続と発展を学ぶために現地へ行きました。

続きはcomcom8月号をご覧ください!