モンゴルを訪問し「口からの健康づくり」についてセミナーを開催

モンゴルを訪問し「口からの健康づくり」についセミナーを開催しました

2017年2月13日から5日間、モンゴル(ウランバートル市)を訪問し、エネレル歯科診療所(以下、エネレル)職員を対象にした「口の健康づくり」のセミナーを開催しました。
セミナーの主な目的は、エネレルの職員が地域住民に対して口からの健康づくりを広めるための実践的な知識やツールを紹介することです。医療福祉生協連から歯科医師1名、歯科衛生士1名、組合員1名、事務局1名が参加しました。
モンゴル語に翻訳した「歯みがきセミプロテキスト」「虫歯予防パンフレット」「歯磨き絵本」などの教材を用いて、講義や実技研修を行いました。医療福祉生協の組合員が普段から行っている「あいうべ体操(口呼吸から鼻呼吸への改善を図る体操)」の体験学習は、気軽に実践できるとりくみとして、エネレルの職員に歓迎されました。セミナーを通じて、医療福祉生協の組合員が主体的にとりくむ保健予防を具体的に伝える機会となりました。
この企画は、公益財団法人生協総合研究所2016年度アジア生協協力基金の助成により行いました。

プラークコントロールの実習

セミナー参加者で記念撮影