「医療福祉生協連2016年度地域包括ケア事業検討会」報告

医療福祉生協連「2016年度地域包括ケア事業検討会」を開催しました

医療福祉生協連は2017年1月17日、大阪市(新大阪丸ビル別館)にて、57生協178名の参加で表記の検討会を開催しました。
この検討会の目的は、「①地域包括ケアに関連する諸事業について、今後推進する方向を検討する。②2025年を見すえた事業戦略の構築と実行に向けて認識を深める。③地域包括ケアの流れに沿った経営基盤の構築に資する事業モデルを検討する。④全国の医療福祉生協の医療、介護事業等、地域包括ケアに関連する諸事業について実践を交流し学ぶ機会とする」ことです。
 参加者からは「地域で困る人たちのニーズを丁寧に聞きとっていきたい。それができるのが生協だと思いました」「地域の困りごとを、地域の組合員と一緒に地道に解決していくことが、現場の私たちにできる戦略であり、医療福祉生協にいるからこそできる強みだと改めて感じることができました」などの感想が寄せられました。

和歌山中央医療生協
久保田泰造専務理事

全国から178名が参加

 

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部(担当:高尾)  電話:03-4334-1580