「医療福祉生協 2016年度まちづくり活動交流集会」報告

医療福祉生協連「2016年度まちづくり活動交流集会」を開催しました

医療福祉生協連は2017年2月23日~24日、大阪市(ハートンホテル北梅田)にて、32生協58名の参加で表記の交流集会を開催しました。
この交流集会の目的は、「①憲法と平和について学習・交流し、くらしといのちを守るとりくみを考える②つながりマップ活用から広がった成果や『つながり』について交流し、3つの『つくろうチャレンジ』の推進を図る③多世代交流のできる居場所づくり等を通じてできたつながりを交流し、幅広い世代が安心してくらせるまちづくりの課題を考える」ことです。
記念講演では星城大学大学院健康支援学研究科の竹田徳則氏より「社会参加と健康 -武豊プロジェクト-」をテーマに、これからのまちづくりの展望をお話いただきました。また、会員生協報告、グループ交流・討論により、2016年度のまちづくり活動のふりかえりや、2017年度まちづくり活動を推進していくための情報交換や交流を行ないました。
参加者からは「社会参加と健康の関係を様々なデータで示しながらの説明でとても良く理解できた。」「くらしを支えるネットワークづくりや居場所づくりとともに、社会保障・医療・福祉を充実させていくとりくみも両輪として行なっていくことが重要だと感じた。」などの感想が寄せられました。

星城大学大学院 健康支援学研究科
竹田徳則 氏

全体会の様子

<問い合わせ先>
  医療福祉生協連 会員支援部(担当:大久保)  電話:03-4334-1580