「医療福祉生協 2016年度看護主任研修会」報告

医療福祉生協連「2016年度看護主任研修会」を開催しました

医療福祉生協連は2017年1月26日~28日、東京にて、28生協56名の参加で表記の研修会を開催しました。
この研修会の目的は、①医療福祉生協の看護主任として、果たす役割を確認する、②看護主任としてのマネジメント力を高め、職員がいきいきと働ける職場づくりについて考える、③全国の医療福祉生協で働く看護主任との交流・親睦を深めることです。
藤原高明会長理事による講演「医療福祉生協のいのちの章典」で、理念学習を行いました。日本看護キャリア開発センターの江藤節代氏による「マネジメントリフレクション」では、マネジメントの基礎を学び、演習で自己のリフレクションの後、グループでのリフレクションをすることで新たな見方ができるようになりました。川崎医療生協の和田外科部長から「看護主任に期待すること」と題し、チームをどう作り上げるか、看護主任として求められることについて語られ、実践的な手法を学びました。
参加者からは「後輩のふり返りは行っていたが、自分主体でふり返る機会はなかったため良い機会となった。演習で第3者の視点に気づくことができ、アドバイスももらえて良かった。」「主任として実践で悩んでいたが、非常に充実した時間だった。ヒントをもらえる内容でとても良かった。」との感想が出されました。

▲マネジメントリフレクション 江藤節代氏

▲グループワークの様子

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部(担当:瀬長)  電話:03-4334-1580