「高齢者にやさしい診療所」導入プログラム2016年度エントリー募集中

「高齢者にやさしい診療所」導入プログラム2016年度(第7期)エントリー募集

 医療福祉生協連(事務局:新宿区百人町、藤原 高明代表理事会長理事)は、2009年度に「高齢者にやさしい診療所」導入プログラム()を、試験的に導入して以来、2015年度(第6期)までに、全国の医療福祉生協の70診療所がエントリーし、55診療所がこのプログラム導入を修了し、地域の中で診療所としてどのような事ができるのか、診療所の現状と改善課題の抽出や具体的な行動計画の作成など、医療サービスの質改善として有効なとりくみを行い「高齢者にやさしい診療所」の実現を行ってきています。
超高齢化した日本社会において、医療福祉生協連が課している地域の高齢者のプライマリ・ヘルスケアがますます重要になっている昨今、高齢者ケアのレベル(質)の改善とともに、地域から選ばれる診療所に繋がるとりくみにもなりますので、今年も第7期となる標記プログラム導入のエントリー事業所を募集いたします。まだ未導入の医療福祉生協の積極的なご参加をお願いいたします。また、すでに修了した診療所でも、再度導入プログラムにとりくみたいという診療所の再エントリーも受付けます。
※2008年、世界保健機関(WHO)は世界の様々な国で調査した結果を基に、高齢者にやさしい医療機関の条件を実践するためのツールを盛り込んだ「高齢者にやさしい診療所ツールキット」を発表しました。そこでは、「高齢者にやさしい診療所」の条件として①医師、看護師、事務職、介護職などの職員が高齢者ケアについてよくトレーニングを受けており、十分な知識があること ②医療機関の受診に関するシステムが高齢者にとって利用しやすいものであること ③医療機関内の物理的な環境が高齢者にとって利用しやすいよう整備されていることが挙げられています。
<2016年度(第7期)エントリー募集要項>
◇対象:プログラム導入エントリーは、医療福祉生協連加盟生協の診療所のみとさせていただきます。
◇実施期間:「高齢者にやさしい診療所」導入プログラム・・12~18ヶ月
※導入プログラム修了後、次のステップとして質改善の実践にとりくんでいただきます。
◇参加費用:第1段階:導入プログラム  50,000円(税込)  再エントリー 20,000円(税込)
※参加費にはテキスト一式ととりくみ交流会参加費などを含みます。
◇参加条件:以下の5つを満たすこと
(1)診療所の高齢者ケアのレベル(質)を改善することに継続してとりくむ意思があること。
(2)所長・看護管理者・事務管理者が賛同していること。
(3)このとりくみをすすめるプロジェクトチーム(多職種参加)を設置すること。
(4)1~2カ月に1回1時間程度の学習時間を設定すること。
(5)10月2日のキックオフ・とりくみ交流会、今後計画される年2回のとりくみ交流会に参加すること
◇応募締切:2016年9月20日(火) まだ申し込まれていない生協はお急ぎお申込み下さい。
「高齢者にやさしい診療所」のホームページ
※医療福祉生協の皆さまへ
「高齢者にやさしい診療所」導入プログラムとりくみ交流会」の詳細は、「医療福祉生協会員支援サイト」の生協連発文書の8月「№191 2016年度第1回「高齢者にやさしい診療所」導入プログラムとりくみ交流会開催のご案内」をご覧ください。会員支援サイトはパスワードが必要です。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 高齢者にやさしい診療所(担当:小林・古舘) 電話:03-4334-1580
高齢者にやさしい診療所のホームページ