「第30回日本高齢者大会in東京」開催報告

「第30回日本高齢者大会in東京」に延べ9,200人が参加しました
~「憲法をいかし戦争法廃止を いまこそ人間らしく生きるために手をつなごう」~

第30回日本高齢者大会中央実行委員会と同大会東京実行委員会が主催する「第30回日本高齢者大会 in 東京」が、2016年9月28日・29日の日程で開催されました。テーマは「まちから村からの連帯でひとりぼっちの高齢者をなくそう~憲法をいかし戦争法廃止を いまこそ人間らしく生きるために手をつなごう!」。46都道府県から延べ約9,200人(28日4,000人・29日5,200人)を超える参加がありました(主催者調べ)。全体会では、ジャーナリストの鳥越 俊太郎さんに「戦後70年 日本の未来へのメッセージ」の演題で記念講演をいただきました。また、大会基調報告と特別決議を全員の拍手で採択し、東京から次年度開催地の沖縄県に「大会旗」を引き継ぎ、沖縄県からの決意表明の後、フィナーレは、高齢者大会合唱団と会場全体の大合唱で2日間の大会を終了しました。第31回大会(2017年)は、沖縄県での開催です。

▲鳥越 俊太郎さん  

▲鳥越 俊太郎さん

▲フィナーレ:350人を超す高齢者大会合唱団

▲フィナーレ:350人を超す高齢者大会合唱団

<第30回日本高齢者大会の開催概要>
◇名称:2016年第30回日本高齢者大会in東京
◇大会の内容:
■第1日目: 8月28日(日)13時~19時 会場・大正大学
学習講座(24企画)・分科会(22企画)・移動分科会(5企画)・夜の企画(講座・江戸文化講座・うたごえ広場の5企画)など計56企画。
■第2日目: 8月29日(月) 10時~13時 会場・東京国際フォーラム ホールA
全体会:挨拶(主催者・来賓)・基調報告・記念講演・決議・文化行事・物産展示即売・書籍販売など

▲東京都から沖縄(次回開催地)へバトンタッチ 

▲東京都から沖縄(次回開催地)へバトンタッチ

▲1日目の学習講座で熱心に聞き入る参加者

▲1日目の学習講座で熱心に聞き入る参加者

第30回高齢者大会基調報告「いのち 輝け! 今こそ「オール高齢期」の運動を」(PDF 501 KB)
第30回高齢者大会「高齢者の尊厳とくらしを守り、社会保障の充実を求める!」決議(PDF 412 KB)
【予告】「第30回大会報告集」は、11月中に発行の予定。予定頒価:1,000円(含む送料)。「DVD第30回大会報告」は予定頒価:500円(含む送料)※詳細は実行委員会事務局に問合わせください。

<問合わせ先>
日本高齢者大会中央実行委員会 事務局(日本高齢期運動連絡会内) 電話・Fax:03-3384-6654
医療福祉生協連 会員支援部(担当:大久保) 電話:03-4334-1580