「国民平和大行進2016」は8月4日広島・平和公園にゴール

8月4日「2016年国民平和大行進」は、広島・平和公園にゴールしました

 原水爆禁止国民平和大行進中央実行委員会(事務局:東京文京区、平和と労働センター内)の呼びかけにより、「2016年原水爆禁止国民平和大行進・東京-広島コース」(以下「平和行進」と略)は、5月6日、東京・夢の島をスタートし、5月7日~神奈川県を皮切りに、静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、兵庫県、岡山県を行進した後、7月26日から10日間にわたり広島県下を行進し、8月4日に平和公園(広島市)にゴールしました。全国11幹線コースでとりくまれた「2016国民平和大行進」は、「広島-長崎コース」を除いて(8月4日現在、長崎県下を行進中)、ここに集結しました。終結集会には約500人が参加し90日間を超える行進の終結をたたえ合いました(主催者発表)。
 広島県内10日間の行進には、地元の福山医療生協・広島中央保健生協・広島医療生協などの組合員・役職員が参加するとともに、各医療福祉生協の事業所・福祉施設での休憩の際には、ボランテイァが冷たい飲み物や食べ物を用意して、行進団を激励し、行進の参加者から大変喜ばれました。

▲集結集会の様子(提供:広島県原水協 撮影:広島県労働組合総連合)

▲集結集会の様子(提供:広島県原水協 撮影:広島県労働組合総連合)

<問合わせ先>
 医療福祉生協連 本部(会員支援部) 電話:03-4334-1580