医療福祉生協連「介護福祉士実務者研修 指導者育成研修」報告

医療福祉生協連「介護福祉士実務者研修 指導者育成研修」報告

 医療福祉生協連(新宿区百人町、藤原高明代表理事会長理事)は、今年度から開始する介護福祉士実務者研修(通信制)のスクーリング施設の講師を養成する「介護福祉士実務者研修 講師養成講座」を、7月8日~11日の4日間、大阪市内のサムティフェイム新大阪(淀川区)において、14生協の介護福祉士・看護師など60人の参加をえて開催しました。この講座は、(1)各スクーリング会場での授業内容・方法・評価の具体的な項目を学び、統一すること(研修の質の担保)、(2)医療福祉生協がおこなう介護の発展方向を見出すべく教員同士の連携を図ることなどを目的に開催したものです。参加者たちからは、「指導者としての心構え講義のポイントや注意事項等学ぶことができました」「今回の研修でイメージがわき、自分が講師になったときに頑張れると思いました」などの感想が寄せられました。

▲全体講義の様子

▲全体講義の様子

▲グループワークの一場面

▲グループワークの一場面

<介護福祉士実務者研修 指導者育成研修の概要>
◇開催日時:2016年7月8日(金) 13時~7月1 1日(月) 16時
◇内容:介護過程Ⅲを3日間、 医療的ケアを1日実施 合計4日間
◇参加者:介護福祉士 36人、看護師24人 合計 60人

▲介護課程Ⅲの一場面

▲介護課程Ⅲの一場面

▲医療的ケアの一場面

▲医療的ケアの一場面

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 介護福祉士実務者研修事務局(人材確保・育成担当:野崎) 電話:03-4334-1580