「コムコム川柳第56回入選作品(8月号掲載)」の紹介

「コムコム川柳第56回入選作品」の紹介(情報誌「comcom 2016年8月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品と講評、佳作を紹介~

医療福祉生協の情報誌「comcom 2016年5月号(第56回)」の折り込み葉書で応募いたただきました句から「自由吟の優秀作品3句と講評」、「課題吟の優秀作品3句」、その他の「良かった句(含む課題吟)」などを紹介します。

入選句掲載誌「comcom 2016年8月号」表紙

入選句掲載誌「comcom 2016年8月号」表紙

医療生協の情報誌『月刊comcom』案内

「コムコム川柳 2016年8号」の募集案内(7月20日掲載)

 今月号の課題吟の題「投書」は、書くことが好きな、みなさんから多くの応募かありました。ただ、題の「投書」をそのまま詠んだ句が8割以上あり、また同じような句が多かったことが残念でした、題をそのままでなく、どう詠み込むか。課題吟をつくるときに、工夫が必要であることを忘れないようにしてください。(選者:全日本川柳協会 常任幹事 奈倉 楽甫)

■自由吟 【優秀作品 :3句】(選者:奈倉楽甫) ※一部ペンネーム使用
一席:八合目 あたりで回り 見るゆとり    福山医療生協 島娘さん
八合目とは、事業のことか、登山のことか。人生の末に、来た道を振り返り、これからを考える余裕を持たれたのでしょう。こんな句が詠めるのを、なにより喜んであげたいです。

二席:健やかを 親にもらった 独楽鼠     郡山医療生協 先崎さん
独楽鼠のようによく働く」とは、音は良い意昧でいわれていました。現在は、働きすぎるのを小ばかにしている風潮があります。作者は、よく働ける体を与えてくれた親に感謝しています。それは、とても美しいことです。

三席:禁煙の つもり貯金で 旅に出る     東京ほくと医療生協 木内さん
ヘビースモーカーといわれた人が決心をして、たばこをやめました。そして、買ったつもりのたばこ代が貯まりに貯まって、旅行の資金ができました。奥さんにとっては、二重の喜びでしょう。

■課題吟 【優秀作品 :3句】 題「投書」 (選者:奈倉 楽甫)

・思い込め 虹の箱へと 投書する      はるな生協 野口さん
・脳トレは 投書と決めて はがき買う    川崎医療生協 ネモちゃん
・目に入る 老老介護の 投書欄       きらり健康生協 キーコさん

※課題吟11月号の募集 題:「来月」   例:問題は来月という社の苦境 長人

【佳作:8句】 今月の他の良かった句を紹介します。(含む課題吟)
・残したり すてたりできぬ 戦中派    香川医療生協 シマパアさん
・入院で 日記はじめる 日々変化    鹿児鳥医療生協 ナオミキャンベルさん
・牧場で 二味違う バーベキュー     阪神医療生協 山下さん
・やさしさも 昔はあった 政治にも    神奈川北央医療生協 大日方さん
・夏支度 まずクーラーの 試運転     奄美医療生協 芳さん
・朝刊の 常連さがす 投書らん      鹿児島医療生協 甲斐崎さん
・投書する 度にストレス ふえつづけ   鹿児鳥医療生協 中村さん
・ボツ覚悟 いつでも元気と 投書する   けいはん医療生協 大森さん

■お願い:募集句のうち優秀作品などを当会のホームページにて紹介させていただきます。その際に個人名での掲載が不都合の方は「俳号」または「ペンネーム」を、また、所属の医療福祉生協名を必ずご記入願います。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:江本) 電話:03-4334-1580