「コムコム川柳第55回入選作品(7月号掲載)」の紹介

「コムコム川柳第55回入選作品」の紹介(情報誌「comcom 2016年7月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品と講評、佳作を紹介~

 医療福祉生協の情報誌「comcom 2016年4月号(第55回)」の折り込み葉書で応募いたただきました句から「自由吟の優秀作品3句と講評」、「課題吟の優秀作品3句」、その他の「良かった句(含む課題吟)」などを紹介します。

入選句掲載誌「comcom2016年7月号」表紙

入選句掲載誌「comcom2016年7月号」表紙

医療生協の情報誌『月刊comcom』案内
「コムコム川柳 2016年7号」の募集案内(6月21日掲載)

 川柳は読んで楽しいものですが、作る側にも楽しみがあります。多くのライバルがいる中、読者に共感を持ってもらえる句を、わずか十七音字で作る苦労をしています。私もあなたも、その一人。今日もこれぞという一句を完成させる言葉を考えています。(選者:全日本川柳協会 常任幹事 奈倉 楽甫)

■自由吟 【優秀作品 :3句】(選者:奈倉楽甫) ※一部ペンネーム使用
一席:前線と 聞いて桜で ホットする    郡山医療生協 菅野さん
気象用語と分かっていても、70年前の戦争を知っている人にとって「前線」は思い出したくない言葉です。梅雨前線、雪前線は、農家の方にとっては気をもむもの。桜前線なら、誰もがホッとできることでしょう。
二席:夢捨てず これから後期高齢者    たじま医療生協 ユカタンさん
ある期間を2つに分けて「前期」「後期」と呼ぶのは分かりますが、後期高齢者の「後期」は、便宜上で分けられたとしても、適切な言葉でないと思います。心身とも元気に、これからも生きてやろうと思います。
三席:助け合い いつでも元気 老夫婦       けいはん医療生協 大森さん
元気でいることは大きな幸せです。夫婦で助け合い、励まし合えるのが理想です。相手の努力といっては大げさですが、日常の細かい気配りや小さな力添えの積み重ねは、とても大事だと思います。
■課題吟 【優秀作品 :3句】 題「祭り」 (選者:奈倉 楽甫)
・祭りだよ 聞けば老いても 血が踊る      鹿児島医療生協 種子島さん
・ワッショイと 担ぐふりして ぶら下がる     宮崎医療生協 大田原さん
・出不精が 祭太鼓に 誘われて          阪神医療生協 楠元さん

※課題吟10月号の募集 題:「姿」   例:働ける身にたしなみのある姿 彩古

【佳作:8句】 今月の他の良かった句を紹介します。(含む課題吟)
・花粉過ぎこれでゆっくり眠れそう        ひかわ医療生協 井上さん
・遠くても孫の成長即メール           米子医療生協 三橋さん
・「若い人」そう言われたら断れぬ       高知医療生協 谷さん
・老いてなお極楽トンボを飛ばしてる       みえ医療福祉生協 榎本さん
・サビた脳解けば光るかナンプレ誌        きらり健康生協 おきみさん
・浅漬けが好きな男で祭ずき           福山医療生協 金太郎さん
・往年の覇気思い出す文化祭           東京葛飾医療生協 腹囲さん
・ええ今も参加してるよ祭り好き         鹿児島医療生協 豊田さん

■お願い:募集句のうち優秀作品などを当会のホームページにて紹介させていただきます。その際に個人名での掲載が不都合の方は「俳号」または「ペンネーム」を、また、所属の医療福祉生協名を必ずご記入願います。

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部(担当:藤井) 電話:03-4334-1580