「『すこしお生活』推進セミナー」報告

2016年度 「すこしお生活」推進セミナー」開催報告

 医療福祉生協連(新宿区百人町、藤原高明代表理事会長理事)は、5月26~27日、新大阪ワシントンホテルプラザ(大阪市淀川区)において、「『すこしお生活』推進セミナー※」を、37生協76人の参加をえて開催しました。このセミナーは、全国の医療福祉生協でとりくんだ「2015年度第7回24時間蓄尿塩分調査結果」報告と「減塩の重要性について」学習し、これまでとりくんできた『すこしお生活※』の質・量・認知度のステップアップの推進を目的に開催いたしました。
※『すこしお生活』とはすこしの塩分ですこやかな生活をめざす医療福祉生協のとりくみの総称です

▲基調講演:東久保 浩喜専務理事

▲基調講演:東久保 浩喜専務理事

▲会場の様子

▲会場の様子

<2016年度 「すこしお生活」推進セミナーの概要>

【第1日目:5月26日(木)13時~18時】
 ◇基調講演 :
 「おいしく・楽しく、そして健康に!地域まるごと健康づくり~健康づくりを通してくらしとまちづくりに貢献する~」
  医療福祉生協連 東久保 浩喜代表理事専務理事

◇報告:
 「2015年度第7回24時間蓄尿塩分調査結果報告」
  生協総研 宮﨑 達郎研究員

◇学習講演:
 「健康の大原則。減塩はもう常識!!子どもも大人も積極的減塩行動を」
  日下医院 日下 美穂院長(内科医)

◇グループ別実践交流会
▲報告:宮﨑 達郎研究員

▲報告:宮﨑 達郎研究員

▲学習講演:日下 美穂院長

▲学習講演:日下 美穂院長

【第2日目:5月27日(金)9時~12時】
◇「『すこしお生活』推進のための行動提起」
  医療福祉生協連健康づくり委員会 川﨑 順子委員長

◇会員生協実践報告
(1)青森保健生協「すこしおチャレンジ」の取り組み
  組織部 高森 牧子さん

(2)盛岡医療生協「私の1日の塩分摂取量と生活習慣との関係―減塩モニター結果を外食・運動・温泉入浴から考察して―」
  関口 孝子常務理事

(3)東京保健生協「健康チェック(塩分チェック)を班の基本にして」
  五明 美穂子さん、石川 藍さん、発表:鷲見 悟朗さん
(4)尼崎医療生協「尼崎3医療生協合同の適塩化フォーラムへの参加と今後」
  健康づくり委員会 永尾 あけみ委員長

◇グループワーク
グループワーク

●「第7回24時間蓄尿塩分調査結果報告」のまとめと課題
※医療福祉生協の皆さまへ
 「『すこしお生活』推進セミナー」の当日資料は、会員サイトの「文書・資料」の「学習資料」に掲載しております。会員サイトはパスワードが必要です。
会員支援サイト

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:丸山) 電話:03-4334-1580