「平和といのちと人権を 明日を決めるのは私たち!5・3憲法集会」参加報告

「平和といのちと人権を 明日を決めるのは私たち!5・3憲法集会」参加報告

 5・3憲法集会実行委員会主催の標記集会は、2016年5月3日、有明防災公園において、約5万人が参加して開催されました。医療福祉生協も首都圏を中心に多数参加し、安保関連法(戦争法)廃止を訴えました。この集会には、民進党・共産党・社民党・生活の党の各代表が参加し「戦争法廃止にむけともにがんばりましょう!」と連帯のあいさつを行いました。
 また、全国で取り組まれている「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」は1,200万筆が集まったことが報告されました。この署名には、各地の医療福祉生協でもとりくんでおり、5月2日現在、約31万6千筆集約されています。
 署名運動は6月末まで続きます。戦争法廃止にむけてさらにとりくみをすすめていきましょう!

▲集会の様子(「戦争法廃止」「憲法守れ」「安倍内閣退陣」のプラカードを掲げる参加者たち)

▲集会の様子(「戦争法廃止」「憲法守れ」「安倍内閣退陣」のプラカードを掲げる参加者たち)

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部(担当:大久保) 電話:03-4334-1580