生協総研「生活協同組合研究:5月号」の紹介

生協総研『生活協同組合研究』:5月号「食生活からの健康づくり」を特集
~「食生活からの健康づくり─生協ならではの提案とは─」~

 (公財)生協総合研究所 (略称:生協総研、千代田区六番町)が毎月発行する機関誌『生活協同組合研究』の2016年5月号(No.484)では、 「食生活からの健康づくり─生協ならではの提案とは─」と題する特集を組んでいます。本誌では、「健康をもたらす食生活とはどのようなものかをあらためて明らかにし,そのような食生活を組合員が実現し,継続していくうえで,生協だからこそできるはずの提案とは何か」を模索したものです。医療福祉生協連会員支援部の江本 淳担当が「医療福祉生協がとりくむ減塩運動『すこしお生活』」と題する記事を執筆しています。ぜひご一読ください。

▲「生活協同組合研究」2016年5月号の表紙

▲「生活協同組合研究」2016年5月号の表紙

<『生活協同組合研究』5月号特集記事の目次の抜粋>※文中敬称略
(1)「栄養健康リテラシーの時代─21世紀の「正しい食べ方・賢い消費者」のために」:
    東京大学大学院医学系研究科 佐々木 敏 教授
(2)「食べることに関わる課題を地域で解決するために」:
    首都大学東京大学院 稲山 貴代 准教授
(3)「健康ビッグデータで健康長寿社会の実現をめざす─
   疾患予兆発見と予防法開発に向けた弘前大学COI拠点のチャレンジ─」:
    弘前大学 COI研究推進機構 村下 公一 教授
(4)「日本高血圧学会減塩委員会の取り組み」:
    安東 克之 委員(北村記念クリニック院長)
(5)コラム:
    購買生協,大学生協,医療生協,および海外の実践事例の紹介
    ※医療福祉生協がとりくむ減塩運動「すこしお生活」:
     医療福祉生協連 会員支援部 江本 淳

    ☆生協総研ホームページの5月号の紹介ページ

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部 担当:江本 電話:03-4334-1580
 生協総合研究所 担当:松田 千恵 研究員 電話:03-5216-6025