「コムコム川柳第52回入選作品(4月号掲載)」の紹介

「コムコム川柳第52回入選作品」の紹介(情報誌「comcom 2016年4月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品と講評、佳作を紹介~

医療福祉生協の情報誌「comcom 2016年1月号(第52回)」の折り込み葉書で応募いたただきました句から「自由吟の優秀作品3句と講評」、「課題吟の優秀作品3句」、その他の良かった句7句(含む課題吟)などを紹介します。

入選句掲載誌「comcom2016年4月号」表紙

入選句掲載誌「comcom2016年4月号」表紙

医療生協の情報誌『月刊comcom』案内
「コムコム川柳 2016年4号」の募集案内(3月23日掲載)

今月号のコムコム川柳に投句された方の平均年齢は69・9歳でした。60~70代でも、みなさんまだまだ元気で、生協活動にとりくまれている方が多いのでしょう。寒い季節や気候に関する句が目立つ中、全体的に前向きで元気な内容ばかりでした。こうした句が、これからもたくさん寄せられるのを楽しみにしています。(選者:全日本川柳協会 常任幹事 奈倉 楽甫)

■自由吟 【優秀作品 :3句】(選者:奈倉楽甫) ※一部ペンネーム使用
一席:後半に 強いタイプと 古希の自負     福山医療生協 桃太郎さん
古希を迎えて、まだまだ元気と自分を誇らしく思うのは、とても喜ばしいことです。長時間走り続けるサッカーやマラソンなどのスポーツで、バテだしたころに地力を発揮する場合に使われるのが「後半に強い」という言葉。人生においても、その意気でがんばってほしいです。
二席:新聞が レインコート 着て来たよ     愛媛医療生協 河田さん
新聞がぬれないようにと、雨の日にビニールに包まれて配達されてきました。なんとも、うれしいサービスですね。こうした身近な出来事も、川柳を楽しもうという気持ちで十七音字にまとめると、立派な句になります。面白くほほえましい句です。
三席:昔見た ばあちゃんしぐさ 今私      徳島健康生協 伝住さん
人に接するときのちょっとした動作や身のこなし。立ち居振る舞いは、教えてもらうよりも、見て習いました。詠み手の方も、かつて年上の方に習ったのでしょう。今や自分が見習われる側になったと気付かされたのですね。
■課題吟 【優秀作品 :3句】 題「心臓」 (選者:奈倉 楽甫)
・心臓は いつもご負担 ご苦労さん   きらり健康生協 菅野さん
・脈とれば 心も通う デイケア     東信医療生協  上原さん
・懐メロが 流れ和らぐ 不整脈     郡山医療生協  先崎さん

※課題吟7月号の募集 題:「祭り」   例:とじ込めていたからみこしよく暴れ 美志

【佳作:7句】 今月の他の良かった句を紹介します。(含む課題吟)
・子どもらを 前後にのせて 母強し     医療生協かながわ 辻堂のネコさん
・頑張るぞ ひ孫の顔を みるまでは    徳鳥健康生協 ルイ・パストゥールさん
・大掃除 夫は用事 思い出す        宮崎医療生協 大田原さん
・誉めること 何にも優る 贈りもの     医療生協かわち野 辻本さん
・傘寿まで 蚤のハートで 生きてきた   香川医療生協 さぬきのめんくいさん
・初日の出 鼓動高なり 無事祈る     鹿児鳥医療生協 甲斐崎さん
・初夢の 朗報を待つ 胸さわぎ       阪神医療生協 山下さん

■お願い:募集句のうち優秀作品などを当会のホームページにて紹介させていただきます。その際に個人名での掲載が不都合の方は「俳号」または「ペンネーム」を、また、所属の医療福祉生協名を必ずご記入願います。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:藤井) 電話:03-4334-1580