「2015年度 いのちの章典実践交流会」案内(第1報)

医療福祉生協連「2015年度 いのちの章典実践交流集会」案内(第1報)
~2016年2月25日(木):東会場、 3月1日(火):西会場~

 医療福祉生協連(新宿区百人町、藤原高明会長理事)は、標記の集会を東・西で開催します。東会場は2月25日に、パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)、西会場は3月1日に新大阪丸ビル別館(大阪市東淀川区東中島)において開催します。この集会は、「もちより・語って・ときめいて!医療福祉生協の魅力を再発見しよう!」をテーマに、(1)2015年度実施の「いのちの章典」の実践の交流、(2)自生協のとりくみが「いのちの章典」の実践となっていることを確信する、(3)2016年度の事業と組合員活動のヒントをつかむなどを目的に開催するものです。
各会場300人・合計600人の組合員と職員が集う交流集会です。

<2015年度 いのちの章典実践交流集会の概要>
◇スケジュール:とりくみ報告は東西で異なるほかは東西会場共通議事
10:00~10:30 【基調報告】 「全国のとりくみの傾向と、今後求められる活動」(仮)
東会場:松本 弘道 常務理事、西会場:田辺 修 いのちの章典実践交流集会実行委員長
10:30~11:10 【会員生協報告】「いのちの章典」にてらした分野別の実践報告」(各生協10分)
<東会場>
◆「すこしお生活の実践~すこしお生活始めませんか~(仮)」
◆「原発事故後の取り組みをあらためて「いのちの章典」という眼鏡をかけて振り返ってみた」
◆「自己決定権を支える医療 終末期の選択(仮)」
◆「安心ルームでソーシャルキャピタルをより豊かに(仮)」
<西会場>
◆「すこしお生活に向けて 減塩チャレンジのとりくみ(仮)」
◆「大きく広げた健康チャレンジのとりくみ(仮)」
◆「組合員ふやしで経営改善(仮)」
◆「沖縄の辺野古に新基地はつくらせない~うちなーんちゅは絶対に負けない~」
11:10~11:20 【休憩】
11:20~12:00 【学識者からのコメント】 「いのちの章典」のとりくみへの評価と期待」
久保井 摂 九州合同法律事務所弁護士・患者の権利オンブズマン理事長・相談員
12:00~13:00 【昼食・分散会会場へ移動】
13:00~16:00 【10分散会・分散会まとめ】

※取材等については必ず下記事務局に事前にご連絡ください。
<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:高橋・大久保・後藤) 電話:03-4334-1580