医療福祉生協連「2015年度健康づくり委員長会議」報告

医療福祉生協連「2015年度 健康づくり委員長会議」報告
~東・西会場に60生協95名が参加~

 医療福祉生協連(事務局:新宿区百人町、藤原 高明会長理事)は、11月13日に都内の中野サンプラザ(中野区)において、27生協43名(含む委員・事務局)の参加をえて標記の会議を開催しました。また、西会場は、11月9日に、大阪市内の新大阪丸ビル別館において、33生協52名参加(含む講師・委員・事務局)で開催。会議の目的は、(1)上半期の健康づくり活動の到達点と今後の課題の確認、(2)次年度の健康づくり活動の方針の検討、(3)全国の医療福祉生協での健康づくり活動の交流をすることです。東西会場合わせて延べ60生協95名(含む講師・委員・事務局)に参加いただきました。
また、会議の最後に医療福祉生協連が先般募集しました「すこしおレシピコンテスト」の応募結果の報告と最優秀レシピの発表を行いました。

<東会場:健康づくり委員長会議の概要>
※司会:医療福祉生協連 長谷川 幸路健康づくり委員(医療生協さいたま)
◇開会あいさつ:医療福祉生協連 野本 靖夫常務理事
◇基調報告:「地域まるごと健康づくり~上半期ふりかえりと次年度へむけた課題」
         医療福祉生協連 川﨑順子健康づくり委員長
◇報告(1) 地域包括ケアの健康づくり:栃木保健医療生協 三上 直人組織部スタッフ
◇報告(2) すこしおチャレンジの取り組み:青森保健生協 佐々木 聖組織部スタッフ
◇報告(3) 長岡市の委託を受けたけんこう運動教室「高齢者筋力向上トレーニング」:
         ながおか医療生協 木村 正史健康運動指導士
◇報告(4) HPHと地域まるごと健康づくり:医療生協さいたま 磯﨑 悦子常務理事
◇グループディスカッション:7グループに分かれて討議・交流と全グループから発表
テーマ:「自生協の2015年度上半期健康づくり活動のふりかえりと次年度課題を交流」

▲報告:医療生協さいたま 磯﨑 悦子常務理事

▲報告:医療生協さいたま 磯﨑 悦子常務理事

▲グループディスカッションの様子 

▲グループディスカッションの様子

◇まとめ・閉会挨拶:医療福祉生協連 川﨑順子健康づくり委員長
●「すこしおレシピコンテスト」の最優秀レシピを発表しました。
(1)「1食分のレシピ」:最優秀作品
ヘルスコープおおさか 宮脇 貴子様
「げんき(減)でエンジョイ(塩)食生活(旬の食材満喫レシピ)」
(2)惣菜のレシピ:最優秀作品:
愛媛医療生協 門田 容子様
「大根サラダとちりめんカリカリのり花かつおぶっかけ」

▲「1食分のレシピ」の最優秀レシピ料理 

▲「1食分のレシピ」の最優秀レシピ料理

▲「惣菜のレシピ」の最優秀レシピ料理

▲「惣菜のレシピ」の最優秀レシピ料理

<西会場:健康づくり委員長会議の概要>
司会:医療福祉生協連 平田雅子健康づくり委員(みなと医療生協)
◇開催日・会場:11月9日(月)  新大阪丸ビル別館 参加生協・人数:33生協52名
◇開会あいさつ:医療福祉生協連 松本 弘道常務理事
◇報告(1) 広島3生協で健康チャレンジ:広島中央保健生協 隆杉 晃理事
報告(2) すこしお生活キャンペーン:医療生協健文会 前田 久美子組織部スタッフ
報告(3) 寝屋川市介護予防事業「気軽に元気アップ講座」受託:けいはん医療生協 小寺 峰志氏
報告(4) 世界禁煙デーポスター 小学校と連携したとりくみ:倉敷医療生協 河原 素氏
◇グループディスカッション:7グループに分かれて討議・交流と全グループから発表
◇まとめ・閉会挨拶:医療福祉生協連 川﨑順子健康づくり委員長

▲西会場のグループディスカッションの様子

▲西会場のグループディスカッションの様子

▲報告:広島中央保健生協 隆杉 晃氏

▲報告:広島中央保健生協 隆杉 晃氏

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580