2015年「憲法をいかし、いのちまもる10・22国民集会」報告

2015年「憲法をいかし、いのちまもる10・22国民集会」報告
~日比谷野外音楽に約3,500名超が集結~

 医療福祉生協連(東京都新宿区)・保団連(東京都渋谷区)など11団体で構成する「10・22国民集会実行委員会主催の「2015年 憲法をいかし、いのちまもる10・22国民集会」が、10月22日、日比谷野外音楽堂(東京都千代田区)において、全国から約3,500名超の参加をえて開催されました(主催者発表)。
集会は、日本医労連の中野 千香子中央執行委員長の主催者あいさつ、呼びかけ人の花の谷クリニックの伊藤 真美院長・医療制度研究会の本田 宏副理事長のあいさつの後、精神科医の香山リカさんからの連帯のエールに会場から大きな拍手が湧きました。集会アピールを採択後、会場から東京駅まで2,000人以上でパレードをしました。

舞台上でのリレートーク

舞台上でのリレートーク

3500名が集結した会場の様子

3500名が集結した会場の様子

「10・22国民集会アピール」(PDF 112 KB)

<お問い合わせ先>
□医療福祉生協連 会員支援部(担当:大久保) 電話:03-4334-1580
□日本医療労働組合連合会 電話:03-3875-5871