「コムコム川柳第47回入選作品(11月号掲載)」の紹介

「コムコム川柳第47回入選作品」の紹介(情報誌「comcom 2015年11月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品と講評、佳作を紹介~

医療福祉生協の情報誌「comcom 2015年8月号」の折り込み葉書で応募いたただきました句から「自由吟の優秀作品3句と講評」、「課題吟の優秀作品3句」、その他の良かった句(含む課題吟)などを紹介します。

com com2015年11月号の表紙

com com2015年11月号の表紙

医療生協の情報誌『月刊comcom』案内
「コムコム川柳 2015年11月号」の募集案内(10月22日掲載)

川柳は生活の全てが詠む対象になります。以前は、読者が比較的長い時間を過ごす待合室での体験や、そこで見聞さしたことを句の材料にしてはどうかと、「待合室川柳大会」という題がついていました。名称か変わって自田吟の形式を取った今でも、待合室をテーマにした句が多くあります。考える時閻が長くある場所だからなのか、人と出会う場所という特性もあるのでしょう。(選者:奈倉楽甫)

■自由吟 【優秀作品 :3句】(選者:奈倉楽甫) ※一部ペンネーム使用
一席:素を生きる 卒寿の言葉 染み透る  ろっこう医療生協 あおぞらまちこさん(57歳・主任ヘルパー)
現在90歳の方は、少年から青年にかけての一番華やかな青春時代に戦争の渦に巷き込まれていた年代です。大切な兄弟や友人を失っています。だからこそ、復興のために戦後の10年、20年をがんぱれたのだと思います。
二席:せみしぐれ ブラスバンドと 競いあう  鹿児島医療生協 甲斐崎さん(67歳・組合員)
せみはプラスバンドをどう間いているのでしょう。全身が楽器のようなせみは、鳴くことで生きているのかもしれません。あれだけの鳴き声を出すエネルギーはどこにあるのでしょう。合唱の指揮者はどこにいるのでしょう。
三席:子や孫に 平和を バトンタッチする   阪南医療生協 藤井さん(72歳・監事)
世界に目を向けるとテロや紛争のニユースが絶えません。その中で私たちは平和を実感していますが、この平和は本物かどうか、事あるごとに問われます。少なくとも今の無事を喜ばねばなりませんが、これを子の代、孫の代まで伝える責任があります。

■課題吟 【優秀作品 :3句】 題「素顔」 (選者:奈倉楽甫)
・明るくて 素顔のままの 君が好き  東信医療生協 上原さん(61歳・組合員)
・だんだんと 素顔似てくる 母の顔  鹿児島医療生協 大塚さん(61歳・ケアマネジャー)
・相部屋で 素顔で病 語り合う    鹿児島医療生協 種子島さん(80歳・支部運宮委員)
※2月号の「課題吟」を募集します。 題「耳」  例:福耳を持ち 金策に 追われる日 糸路
【佳作:7句】 今月の他の良かった句を紹介します。(含む課題吟)
・歩く人 シニアもジュニアも はつらつと  阪神医療生協 山下さん(70歳・非常勤理事)
・平和こそ 笑顔いっぱい 阿波おどり    徳島健康生協 伝住さん(67歳・理事)
・顔見れば おはようよりも 暑いなアー   医療生協かわち 野木原さん(84歳・総代)
・手をかける 素顔つややか 夏野菜     神奈川北央医療生協 大日方さん(73歳)
・猫にだけに こっそり素顔 見せてます   高知医療生協 谷さん(57歳・理事)
・鬼の面 よりは素顔が 似合うパパ     福山医療生協 桃太郎さん(74歳・組合員)
・夏こそは 素顔で勝負 ありのまま     北医療生協  はるかっちさん(29歳・組合員)

■お願い:募集句のうち優秀作品などを当会のホームページにて紹介させていただきます。その際に個人名での掲載が不都合の方は「俳号」または「ペンネーム」を、また、所属の医療福祉生協名を必ずご記入願います。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:藤井) 電話:03-4334-1580