医療福祉生協連「2015年度トップセミナー」報告

医療福祉生協連 2015年度トップセミナー 報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区百人町)は、2015年9月8日~10日の3日間、大阪市内のシティプラザ大阪(中央区)において、全国の82医療福祉生協143名(含む役員・事務局)の参加をえて、標記のセミナーを開催しました。
このセミナーは、(1)) 2020年に向かう社会の動向を学び、医療福祉生協の将来展望を描く機会とする、(2)すぐれた実践例や先進例を学び、下期から次年度の戦略課題を明らかする、(3)憲法・平和を守り、「安全保障関連法」反対の終盤のとりくみを意思統一する、(4) 医療福祉生協の地域包括ケアをすすめる3つの「つくろうチャレンジ」の進捗と2015年度到達目標にむけた活動の意思統一をする、(5) 新しい「8つの生活習慣と2つの健康指標」の普及と「すこしお生活」普及の進捗、2015年度到達目標にむけた活動の意思統一及び、中・長期的な活動のすすめ方の方向性を確認する」ことなどを目的に開催したものです。

image001

<2015年度トップセミナー 概要報告>

【第1日目:9月8日(火)】
■開会挨拶:藤原 高明 医療福祉生協連 会長理事
■基調報告:「2015年度医療福祉生協活動の上期の特徴と下期の課題」
医療福祉生協連 松本 弘道 常務理事
■講演(1):「憲法から平和と安全保障を考える-日本の未来はどうなるか?」
長岡 徹 関西学院大学法学部教授
■講演(2):「総合診療専門医の養成と中小病院・診療所の役割」
有賀 徹 (一社)日本専門医機構副理事長・ 昭和大学病院院長

【第2日目:9月9日(水)】
■講演(3):「新総合事業がめざすものと医療福祉生協への期待」
厚生労働省老健局総務課・介護保険計画課併任・振興課併任  服部 真治課長補佐
■グループディスカッション(1)
■経営報告:「2014年度末および2015年度第1四半期決算のまとめと下期課題」
医療福祉生協連 齊藤 民紀 常務理事
■特別報告1:「医療福祉生協連の医師養成基本方針(案)」
医療福祉生協連 髙橋 淳 理事
■特別報告2:「介護福祉士のキャリアプラン策定に向けて~介護実務者研修(通信課程)始動~ 」
医療福祉生協連 福地 庸之 理事
■会員生協報告
1)「事業と運動で「ダイナミックな連携」をつくる」 栃木保健医療生協 宮本 進常務理事・地域活動部長
2)「安心して住み続けられる秩父地域を作るために」 医療生協さいたま 秩父生協病院 小林 曜子事務長
3)「地域包括ケアを見据えたポジショニングと事業展開」 ひかわ医療生協 吉田 亨専務理事
4)「広島医療生協がめざす地域包括ケア」 広島医療生協 斉藤 孝司 専務理事
■グループディスカッション(2)

【第3日目:9月10日(木)】
■講演(4):「社会全体で減塩にとりくもう~広がる減塩のまちづくり」
日下医院 日下美穂 院長・日本高血圧学会減塩委員会委員
■特別報告3:「税制改正要望と税制対応中期課題」 医療福祉生協連 野本 靖夫常務理事
■グループディスカッション(3)
■閉会挨拶:医療福祉生協連 野本 靖夫常務理事

グループディスカションの様子

グループディスカションの様子

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部  電話:03-4334-1580