医療福祉生協連会長理事談話「平和へのあゆみを止めることなく」

医療福祉生協連会長理事談話
「平和へのあゆみを止めることなく~70年目の8月15日に~」

 医療福祉生協連(新宿区百人町)の藤原 高明会長理事は、「全世界に惨禍を招いた第2次世界大戦が終了して70年目の8月15日を迎えます。平和国家として歩んできたこの国のかたちを変えてしまう集団的自衛権行使の容認が閣議決定され、海外で戦争をする国づくりにつながる平和安全法制が審議される中で迎える8月15日です。全国の組合員・役職員のみなさんとこの70年の意味を考えてみたい」との思いで、「平和へのあゆみを止めることなく~70年目の8月15日に~」との会長理事談話を発表しました。

<談話のポイント>
・沖縄~辺野古新基地建設は許さない
・広島、長崎、福島~核兵器廃絶と原発廃炉を求める
・平和安全法制~憲法違反の法案は廃案に
・日本国憲法と平和~いまこそ立憲主義と平和の意味を考えるとき
以上を踏まえて、談話は、医療福祉生協連の「人権の尊重と社会保障の充実をめざして行動します。いのちと健康を脅かす戦争に反対して行動します」との設立趣意に基づき、会長理事として「健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。」という理念を実現するために行動することを改めて決意し、会員生協にも行動を呼びかけるものです」と結んでいます。

1508015_1 1508015_2

医療福祉生協連会長理事談話(PDF 265 KB)

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 電話:03-4334-1580