第93回国際協同組合デー記念中央集会報告

第93回国際協同組合デー記念中央集会報告
~テーマ:協同組合を選ぼう、平等を選ぼう~

 医療福祉生協連(東京都新宿区)が加盟する国際協同組合年記念協同組合全国協議会は、2015年7月30日、第93回国際協同組合デー中央集会※を、日本協同組合連絡協議会との共催で、各協同組合からの約300名の出席をえて開催しました。
 第1部は、JJC委員長の萬歳 章JA全中会長が開会挨拶のあと、宮本太郎 中央大学教授が記念講演を行いました。第2部は、「拡大する不平等・格差に対する協同組合の取り組みと今後について」をテーマに、パネルディスカッションを行い、最後に、JJC副委員長の浅田克己日本生協連会長が閉会挨拶を行いました。
※この国際協同組合デーは、1922年に国際協同組合同盟(ICA)で定められて以来、毎年、世界各国でさまざまな祝典、講演会、音楽会などのイベントが行われ、1995 年のICA設立100周年に際し、国連も同日を「協同組合の国際デー」と認定しました。

<第93回国際協同組合デー記念中央集会の概要>
◇開催日 時:2014年7月30日(木) 14:時~16時30分
◇開催会場:場所:JA共済ピルカンファレンスホール(千代田区平河町)
◇テーマ:「協同組合を選ぼう、平等を選ぼう」(ICAの2015年国際協同組合デーのテーマ)
◇プログラム:
■記念講演:「記念講演「協同組合の今日的意義について~この国の未来のために~」
宮本 太郎 中央大学法学部教授
■パネルディスカッション:
テーマ「拡大する不平等・格差に対する協同組合の取り組みと今後について」
※コーディネーター:宮本 太郎教授
パネリスト:古村 伸宏(日本労働者協同組合連合会 専務理事)、上田 正(日本生活協同組合連合会 福祉事業推進部 相談貸付事業アドバイザー)、千國 茂(長野県JAあづみ 代表理事組合長)、岩本芳和(三重県尾鷲漁業協同組合 常務理事)
□国際協同組合デーに関するICA・JJCメッセージ、デーの意義、協同組合の現状については、下記のリーフレットをご覧ください。

▲「国際協同組合デー:リーフレット」(A4版見開き・カラー6ページ)の表紙

▲「国際協同組合デー:リーフレット」(A4版見開き・カラー6ページ)の表紙

IYCのHPの「国際協同組合デー:リーフレット」のダウンロード版(PDFファイル)

◇問合わせ先:全国農業協同組合中央会 協同組合連携室 電話:03-6665-6003