「医療福祉生協のいのちの章典」講師養成講座報告

2015年度「医療福祉生協のいのちの章典」講師養成講座 報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、2015年度全国の医療福祉生協の中心テーマとして「協同の力で、いのち輝く社会をつくる」を掲げました。このテーマを実現・普及する人材育成を目的に、7月3~4日に都内のホテルべルクラシック東京(豊島区)において、標記の講座を23生協41名(含む講師・事務局)の参加をえて開催しました。

▲会場の様子

▲会場の様子

▲東久保 浩喜専務理事

▲東久保 浩喜専務理事

<「医療福祉生協のいのちの章典」講師養成講座の概要>
【第一日目:7月3日(金) 10時30分~18時】
◆開会挨拶・オリエンテーション:東久保 浩喜専務理事
◆講義(1):「いのちの章典・理念はなぜ必要か~協同組合・生協・医療福祉生協を理解する」
◆講義(2):「いのちの章典・理念が切り拓く医療福祉生協の未来」

~医療福祉生協の新たな運動の視点を創る 藤谷 惠三 医療福祉生協連 前副会長理事

◆講義(3):「医療福祉生協のいのちの章典実践ガイドラインをどう活用するか」(解説と活用)

藤原 高明 医療福祉生協連 会長理事

▲藤谷 惠三 前副会長理事

▲藤谷 惠三 前副会長理事

▲藤原 高明会長理事

▲藤原 高明会長理事

【第二日目:7月4日(土) 9時~12時】
◆「いのちの章典実践」報告 2生協に報告いただきました
 □報告(1)「育てよう!いのちの章典の“樹”~みんなの声と活動を“樹”」

川崎医療生協生協歯科クリニック 阿部 ひとみ事務長

※いのちの章典の“樹”づくりの過程が組合員と職員の“参加と協同”の実践(全地域の“樹”を発表)

 □報告(2)「病院探検隊とデイホーム“なごみ”の取組み」

広島医療生協 組織部 山根 康裕部長

※探検隊⇒全事業所をチェックリストに基づき点検⇒“参加と協同”・いのちの章典の実践。班活動から始まったデイホーム

◆ワークショップで講師のスキルを学びました。
◆ふりかえりとまとめ:藤谷 惠三 医療福祉生協連 前副会長理事

 「今回の養成講座に参加された皆さんが、自分の生協に戻り確信をもって、「いのちの章典」の実践を広げ、2016年2月26日(東会場)と3月1日(西会場)に開催する「いのちの章典全国交流会」に、多くの仲間たちと参加してください」と呼びかけました。

【参考文献:「医療福祉生協のいのちの章典 実践ガイドライン」】
 今回、藤原会長理事の講義で使用。
◇書名:医療福祉生協のいのちの章典 実践ガイドライン
◇判型・頁:A4判・本文25ページ 表紙・裏表紙カラー 本文 モノクロ
◇発行・発行人: 医療福祉生協連・東久保 浩喜
◇発行年月日:2015年6月20日
◇頒価:100円(税・送料別)

表紙

▲表紙

<問い合わせ先>
 医療福祉生協 会員支援部(担当: 松村) 電話:03-4334-1580