シンポジウム「“すこしお”で、すこやか生活」案内

医療福祉生協連第5回通常総会学習会シンポジウムのご案内
~テーマ:「すこしお”で、すこやか生活」~

 医療福祉生協連(事務局:新宿区百人町)は、2015年6月4日、第5回通常総会学習会シンポジウム「“すこしお”で、すこやか生活」を開催いたします。
 医療福祉生協連は、「医療福祉生協の健康習慣(8つの生活習慣と2つの健康指標)」を今日的基準で見直し、1日の塩分摂取量について8gから6gに変更しました。2015年度は、「地域まるごと健康づくり」の中心的なテーマとして減塩運動にとりくみ、1日塩分6gの普及をすすめます。通常総会で「10万人の健康チャレンジ」「24時間蓄尿塩分調査の実施」を提起しているほか、減塩ウィーク(9月)、comcom誌上減塩レシピコンテストなどを予定しています。
 通常総会へのご出席と合わせまして、ぜひ多数の皆さんの御参加を呼びかけます。

<第5回通常総会学習会シンポジウムの概要>
◇テーマ:「“すこしお”で、すこやか生活」
◇開催日時:2015年6月4日(木) 15時30分~18時
◇開催会場: ホテルイースト21東京 東陽の間 (アクセス・地図) 江東区東陽6-3-3
◇問題提起:「医療福祉生協連から健康づくりの提起」  川﨑順子健康づくり委員長 
◇シンポジストからの報告
■「かるしおプロジェクトのとりくみ」:国立循環器病研究センター 西井和信副栄養管理室長
■「長野県の栄養・食生活施策推進のとりくみ」:
長野県健康増進課 食育栄養係 小林秀子課長補佐兼係長
■「健康的な食生活への消費者のとりくみ」: 全国消費者団体連絡会 河野康子事務局長
■「健康づくりの活動と川辺北支部の減塩のとりくみ」:鹿児島医療生協 本田信子川辺北支部長
◇ディスカッション:上記の4人のシンポジスト
コーディネーター 髙橋 淳氏(医療福祉生協連理事)
(岡山医療生協副理事長/総合病院岡山協立病院院長)

※医療福祉生協の皆様へ:本文書は、医療福祉生協連の会員支援サイトからダウンロードできます。会員支援サイトはパスワードが必要です。パスワードは、各生協の本部へお問い合せ下さい。

<お問い合せ先>
 医療福祉生協連 (会員支援部:藤井啓子) 電話:03-4334-1580