「コムコム川柳第41回入選作品(5月号掲載)」の紹介

「コムコム川柳第41回入選作品」の紹介(情報誌「comcom 2015年5月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品と講評、佳作を紹介~

医療福祉生協の情報誌「comcom 2015年2月号(第41回)」の折り込み葉書で応募いたただきました句から「自由吟の優秀作品3句と講評」、「課題吟の優秀作品3句」、その他の良かった句(含む課題吟)などを紹介します。

com com 2015年5月号の表紙

com com 2015年5月号の表紙

医療生協の情報誌『月刊comcom』案内
「コムコム川柳 2015年5月号」の募集案内(4月23日掲載)

■自由吟 【優秀作品:3句】(選者:奈倉楽甫)※一部ペンネーム使用 
一席:ダイエット 達成したら 検診に 北医療生協 浅野さん(66歳・支部運営員)
前回の検診に準肥満のイエローカードをもらい、次回の検診に備えてダイエットに励むのでしょうか。ときには涙ぐましい努力が必要ですが、運動後のビールの誘惑に打ち勝つことが先決かもしれません。
二席:お待たせの 医師の一声 和まされ  阪南医療生協 藤井さん(71歳・監事)
 評判のよい病院ほど待合室での時間は長くなります。それは承知でも、病気が篤がかりで落ち着かない。やっと呼ばれて医師の前へ。そこで「お待たせしました」とひと言もらうと、さっきまでのてフイラはたちまち忘れてしまいます。
三席:そばを裁つ 手許機械に なっている   郡山医療生協 菅野さん(86歳・支部運営員)
 そばを打つ、こねて伸ばして、裁って、おいしくいただく。そば打ちを楽しむ趣味の講座もあります。それにしても布を裁つように、そぱを重ねて切る、見事な包丁さばきは見入ってしまう美しさがあります。
■課題吟 【優秀作品:3句】 題「経験」 (選者:奈倉楽甫)
自由吟と併せて課顧吟の募集が始まりました。課題吟で作句の練習をすると、題に焦点を絞ればよいので作りやすくなります。ただ、誰もが身近なものから連想するので、似通った句ができやすくなります。そこから一歩すすんで、少し深く考えた句を作ることが大切です。
・子育ての 経験嫁に 小出しする       奄美医療生協 芳さん(82歳・支部長)
・経験を かさにきないで 生かす術      神戸医療生協 ポンチャン(62歳・組合員)
・失敗を 積んで名工 でき上がり       郡山医療生協 先崎さん(70歳・理事)
※8月号の課題吟を募集します  題「常識」  例:社会科へ 父の常識 たよりなし 鶴堂
【佳作:7句】 今月の他の良かった句を紹介します。(含む課題吟)
・表情と ジェスチャー使い 英会話     高知医療生協 谷さん(57歳・支部長)
・ボランティア 元気もらいに 今日もゆく  東京ほくと医療生協 アサチャン(72歳・組合員)
・息をとめ 腹へこませて 乗る計り     鹿児島医療生協 田中さん(57歳・理事)
・夢に出たバレンタインのチョコの山    阪神医療生協 山下さん(70歳・理事)
・負けないぞ 経験あろうが なかろうが   奄美医療生協 エイイチさん(44歳・事務)
・経験を 重ねて 名医誕生す        神戸医療生協 小林さん(77歳・支部運営委員)
・戦争を 知らないボクら 七十才      長野医療生協オコニコさん(64歳・支部運営委員)
※次号は、2015年3月号に寄せられた第42回目募集の川柳を発表します。
■お願い:募集句のうち優秀作品などを当会のホームページにて紹介させていただきます。その際に個人名での掲載が不都合の方は「俳号」または「ペンネーム」を、また、所属の医療福祉生協名を必ずご記入願います。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:藤井) 電話:03-4334-1580