「4.7 WHO世界保健デー」のとりくみ

医療福祉生協は「4.7 WHO世界保健デー」にとりくんでいます
~健康チェックなど保健予防活動など実施~

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)と全国の医療福祉生協は、WHO(世界保健機関)が呼びかける世界保健デーに応え、4月7日のWHO世界保健デーを中心に全国で血圧・体脂肪チェックなどの健康チェックを実施しています(東北の医療福祉生協では、気温が暖かくなる4月後半から5月に開催を予定しています)。

<「4.7WHО2015年世界保健デー」の概要>
◇WHO世界保健デー2015年テーマ:Food safety(「食の安全」)
◇実施方針:4月7日のWHO世界保健デー前後に、全国の医療福祉生協でまちかど健康チェックなどの保健予防活動にとりくみます。
◇後援:厚生労働省

2015年度「4.7 WHO世界保健デーポスター」デザイン

2015年度「4.7 WHO世界保健デーポスター」デザイン

●全国各地の医療福祉生協は、地元の地域購買生協やスーパーの店頭などで、健康チェック(身血圧・体脂肪・骨密度チェック)を実施しています。福島医療生協(大阪市福島区)は商店の店頭で、健康チェックを実施し17名の方がチェックを受けました。ひかわ医療生協(島根県出雲市)は、健康チェックにあわせてウォーキングにとりくみ35名の方が参加しました。沖縄医療生協(沖縄県豊見城市)はスーパーの店頭で健康チェック(骨密度測定)を行いました。

▲ひかわ医療生協の健康チェックの様子

▲ひかわ医療生協の健康チェックの様子

▲松江保健生協のウォーキングとりくみ

▲松江保健生協のウォーキングとりくみ

▲沖縄医療生協の健康チェックの様子

▲沖縄医療生協の健康チェックの様子

▲沖縄医療生協の健康チェックの様子

▲沖縄医療生協の健康チェックの様子

<問い合わせ先>
医療福祉生協 会員支援部(担当: 黒田) 電話:03-4334-1580