医療福祉生協は「4.7 WHO世界保健デー」にとりくみます

医療福祉生協は「4.7 WHO世界保健デー」にとりくみます
~健康チェックなど保健予防活動を実施~

医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)と全国の医療福祉生協は、WHO(世界保健機関)が呼びかける世界保健デーに応え、今年度も街頭での健康チェックなどの保健予防活動にとりくみます。本とりくみは厚生労働省の後援を受け、自治体や他団体と連携し活動を広げます。

<「4.7WHО2015年世界保健デー」の概要>
◇テーマ:Food safety 「食の安全」
◇実施方針:4月7日のWHO世界保健デー前後に、全国の医療福祉生協でまちかど健康チェックなどの保健予防活動にとりくみます。
◇後援:厚生労働省

2015年度「4.7 WHO世界保健デーポスター」デザイン

2015年度「4.7 WHO世界保健デーポスター」デザイン

※医療福祉生協の皆さまへ
募集の詳細については、医療福祉生協連HP「会員支援サイト」掲載の連合会発信文書No.469「4.7WHO世界保健デー行動計画について」をご覧ください。会員支援サイトはパスワードが必要です。

<問い合わせ先> 医療福祉生協 会員支援部(担当: 黒田) 電話:03-4334-1580