2014年度組合員活動責任者会議報告

2014年度 組合員活動責任者会議 報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、2015年2月26日・27日にホテルベルクラシック東京(東京都豊島区)において、「2014年度組合員活動責任者会議」を、58生協の組合員活動責任者など88人(講師・委員・事務局含む)の参加で開催しました。この会議は、(1)情勢を学び、2015年から本格化する地域包括ケアへの対応を前提に、(2) 300万組合員の達成を中心にすえて「2015年度重点課題についての意思統一」と「各地の医療福祉生協のとりくみと課題の交流」などを目的に開催したものです。

<組合員活動責任者会議の概要>
【第1日目:2月26日(木)】
◇基調報告:「2014年度活動のまとめと2015年度重点課題(案)」 東久保浩喜専務理事
◇学習講演:「協同の真価が問われる時代」-300万運動で見えてきたこと 松本弘道 組合員活動委員長
◇3つの生協からの報告
1.岡山医療生協:「購買生協と連携した健康づくり」 川﨑 順子常任理事
2.鳥取医療生協:「つながりづくりの取り組み」 井上 明美組織部課長
3.医療生協かわち野:「健診から『地域まるごと健康づくり』へ」 吉永 哲弥組合員活動部長
◇グループ交流:11グループに分かれ「報告」と「2020年のありたい生協の姿」について意見交流。
【第2日目:2月27日(金)】
◇グループワーク:「支部づくり・居場所づくり・アプローチの仕方」をテーマ別に討議・まとめを発表。
テーマ1:現状はどうなっているのか?組織づくりの課題は?
テーマ2:だれと、どの団体と協同するか
テーマ3:「自生協で今後すすめていくこと(課題)、その具体策」シートを作成

image001 image002 image003
image004 image005 image006

▲熱心に討議・分析しまとめを発表する皆さんの様子▲

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580