医療福祉生協「2014年度 まちづくり活動交流集会」報告

医療福祉生協「2014年度 まちづくり活動交流集会」報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、2015年2月19日・20日の両日、ホテルクライトン新大阪(大阪市)にて、37生協69名(委員・事務局を含む)の参加で標記の集会を開催しました。この集会は、(1)誰もが安心して住み続けられるまちづくりの全国の経験・教訓を交流し、お互いに普及しあい運動の前進をはかること、(2)つながりマップの考え方や作り方を学び、支部が地域でつながりを作っていくための足掛かりとすることを目的に開催したものです。

▲会場の様子

▲会場の様子

<交流集会の要旨>
【第1日目:2月19日(木) 13時30分~17時30分】
◇基調報告:「私たちをとりまく情勢と医療福祉生協の2014年度重点課題」
  医療福祉生協連 まちづくり委員会 馬場 康彰委員長
◇提案報告: 「つながりマップ」提案  医療福祉生協連まちづくり委員会 竹内 智子委員
◇会員生協からの実践報告:3つの医療福祉生協から報告いただきました
■「寺子屋学習塾(無料塾)」:北医療生協
■「あったかまちづくりビジョン」:松江保健生協
■「事業所と支部が、もっと知りあうために」:愛媛医療生協
◇「東日本大震災支援募金訴え」 医療福祉生協連まちづくり委員会 林 政美委員
◇グループ討論:「自生協のとりくみ交流・つながりマップへの疑問点」

【第2日目:2月20日(金) 9時~12時】
◇学習講演「見守りから生活支援まで~ご近所パワーで助け合い起こし」
住民流福祉総合研究所 木原 孝久 所長
◇グループ討論:「つながりマップづくりについて」
◇グループ発表:つながりマップなどの具体的な課題などを全グループが発表しました。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580