医療福祉生協連「地域包括ケア介護事業検討会」報告

医療福祉生協連「地域包括ケア介護事業検討会」報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、2015年1月20日、新大阪丸ビル別館(大阪市)にて、地域包括ケア介護事業検討会を、57生協203人(含む事務局)の参加で開催しました。この会議は、(1)介護報酬改定の最新動向を踏まえ介護事業の方向を検討し、(2)全国の医療福祉生協で実施している地域包括ケアに関連する諸事業について交流することを目的に開催したものです。
 参加者からは「それぞれの実践や課題・悩みなどを交流できた」、「自治体や社会福祉協議会、購買生協、町内会との関わりが大切なことがよくわかった」「医療福祉生協の強みを自覚し、それを活かして新たな事業展開をしていく確信が持てた」などの感想が寄せられました。 image001 <地域包括ケア介護事業検討会の概要>
◇主な内容:基調報告・学習講演・4つのテーマ別分科会 □基調報告:「地域包括ケアに即した介護事業所の整備・再編を」
医療福祉生協連 松本弘道 常務理事
□学習講演:「介護報酬改定動向と介護事業戦略・事業対応」
日本生協連 山際淳 福祉事業推進部長
(厚生労働省社会保障審議会介護給付費分科会委員)
□分科会:4つのテーマ別分科会を開催。
【第1分科会:「住まい」】
報 告(1) 「ヘルパーステーション中心型サ高住事業の1年」:福島医療生協
報 告(2) 「地域まるごとケア」を“かたち”に~サービス付き高齢者向け住宅を通して~」
       :けいはん医療生協
報 告(3) 「ホームホスピス愛逢の家の実践」:NPO法人愛逢
【第2分科会:「訪問系・地域密着型事業」】
報 告(1) 「期待される小規模多機能をめざして」:姫路医療生協
報 告(2) 「複合型サービスの実践」:和歌山中央医療生協
報 告(3) 「定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業報告」:コープあいち
【第3分科会:「新地域支援事業に関する事業・活動」
報 告(1) 「組合員による生活支援のとりくみ」:富山医療生協
報 告(2) 「組合員の“思い”で実現した、ミニデイサービスと生活支援事業の自治体委託化(2014年度)と総合事業へのチャレンジ:郡山医療生協
 報 告(3) 「ながおか医療生協型地域包括ケア新地域支援事業への提案「レインボ-モデル2015」:ながおか医療生協
【第4分科会:「通所系事業」】
報 告(1) 「4回転のリハビリ特化型短時間通所リハビリテーション~目指せ年間事業収入1300万円~」:きらり健康生協
報 告(2) 「愛し愛され~選ばれる事業所を目指して~」:みえ医療福祉生協

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580