2014年度医療福祉生協連口腔ケア研修会

2014年度医療福祉生協連口腔ケア研修会報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、12月6日~7日、都内にて、標記研修会を30生協・115名(含む講師・委員・事務局)の参加で開催しました。
 この研修会は、(1)「口から食べる」を実践できる職員を養成すること、(2)口腔ケアのあり方を学ぶこと、(3)おいしく食べ長生きのまちづくりをめざすことなどを目的に開催しました。

▲記念講演:小山 珠美理事長 

▲記念講演:小山 珠美理事長

▲基調報告:中澤 桂一郎委員長

▲基調報告:中澤 桂一郎委員長

<口腔ケア研修会の概要>
【第1日目:12月6日(土)】
◇基調報告:「口は命の入り口 食べることは生きること おいしく長生きのまちづくりをめざして」
医療福祉生協連 歯科委員会 中澤 桂一郎委員長
◇記念講演:「急性期病院における口から食べることの重要性と口腔ケアの役割」
社会医療法人社団三思会 法人本部  摂食嚥下サポート担当
NPO法人 口から食べる幸せを守る会 理事長 小山 珠美氏

▲記念講演を聞く受講者たち

▲記念講演を聞く受講者たち

▲記念講演中に嚥下を実演する受講者

▲記念講演中に嚥下を実演する受講者

◇事例報告:「入院患者への口腔ケアのとりくみ」:3つの現場からの報告
(1)「病棟歯科衛生士」沖縄医療生協 沖縄協同病院リハビリ室 歯科衛生士 島袋 純子氏
(2)「生きるために」口腔ケア~医科・歯科・介護連携10年のあゆみ~
大分県医療生協 大分健生病院リハビリ課 麻生 美紀代氏
(3)「口腔ケア・嚥下チームの取り組み」津軽保健生協 健生病院口腔ケア・嚥下チーム 鳴海 華加氏
◇分散会討議:基調報告・記念講演・事例報告を受けて16グループに分かれて意見交換と討論。

【第2日目:12月7日(日)】
◇学習講演:「食べられる口づくり、口腔ケアから咽頭ケアまで」
村田歯科医院 院長 黒岩 恭子氏

▲講演する黒岩 恭子院長

▲講演する黒岩 恭子院長

▲実技指導の様子

▲実技指導の様子

image007 <お問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部  電話:03-4334-1580