生協介護職員調理コンテスト「第2回H1グランプリ決勝大会」報告

生協の訪問介護職員調理コンテスト「第2回H1グランプリ決勝大会」報告

 日本生協連(東京都渋谷区)と医療福祉生協連(東京都新宿区)は、2014年11月7日、訪問介護事業を行っている全国の生協の訪問介護員(ホームヘルパー)・介護福祉士による調理コンテスト第2回「H1(ヘルパーNo.1)グランプリ決勝大会」を、名古屋市内で開催しました。
 このコンテストは介護サービス利用者が美味しく食べる意欲をできるだけ長く保てるよう、技術と工夫を高めあうことを目的に、昨年に引き続き、本年第2回目を開催しました。
 決勝大会当日には、レシピ審査で選ばれた、医療福祉生協7生協12名と購買生協11生協15名の合計18生協27名が、自慢の腕を振るいました。

▲決勝大会の会場の様子

▲決勝大会の会場の様子

 全国の生協の訪問介護事業所351カ所を対象にレシピを募集し、応募のあった180件のレシピを専門家が一次選考・審査し32件を選びました。決勝大会では、当日欠席者(5人)を除く、27人が2グループに分かれ、「肉」と「魚」をテーマに、日常的に手に入る食材を用い、30分という限られた時間でおいしくて食べやすく、栄養バランスの取れた高齢者向けの食事づくりの技を競いました。審査の結果、栄えあるH1グランプリ2名と、審査員特別賞1名が選ばれました。

●コープみらい・成田明子さん、みえ医療福祉生協・渡辺浩美さんがグランプリに!!
 審査員特別賞は富山医療生協・宮野啓子さん

image004 image006

▲コープみらい の成田明子さん

▲コープみらい の成田明子さん

▲みえ医療福祉生協の渡辺 浩美さん

▲みえ医療福祉生協の渡辺 浩美さん

肉料理部門:最優秀賞 料理名:「栄養バランスが良いで賞」
コープみらい 川口介護センター 成田 明子さん
魚料理部門::最優秀賞 料理名:「男前な料理で賞」
みえ医療福祉生協 ホームヘルプいがまち 渡辺 浩美さん
肉部門:審査員特別賞 料理名「また食べたくなるで賞」
富山医療生協 在宅福祉総合センター ひまわり 宮野 啓子さん

<会場の様子>

▲真剣に食材選びする参加者の皆さん 

▲真剣に食材選びする参加者の皆さん

▲審査の様子

▲審査の様子

▲真剣なまなざしで調理しています

▲真剣なまなざしで調理しています

▲こちらは仕上げに入っています

▲こちらは仕上げに入っています

「第1回H1グランプリ決勝大会」報告(2013年11月29日開催)

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:藤井) 電話:03-4334-1580