社会民主党が南医療生協(名古屋市)を視察

社会民主党が南医療生協(名古屋市)を視察しました

 社会民主党(社民党)の吉田忠智党首、山 登志浩常任幹事・愛知県連合代表など8名の方々が、2014年10月4日、南医療生協(愛知県名古屋市)の南生協病院・グループホームなもなど4カ所の施設を視察しました。この視察は、8月20日に行った社民党と医療福祉生協連の懇談会がきっかけとなり実現しました。
 視察後、社民党から「南生協病院は病気の人だけが来る病院とは全く違うことに驚きました。組合員の皆さまの生協への愛着と活動への気概が感じられ、同生協と住民のつながりの深さに感心しました。南医療生協をささえる組合員のパワーの素晴らしさに一同感じ入りました。まさに“住民力アップ”のお手本です。今回の貴重な経験をわが党の地域活動に最大限生かしていきたいと思います」(山 登志浩社民党常任幹事・愛知県連合代表)との感想をいただきました。

▲ “グループホームなも”にて (山常任幹事:左端 吉田党首:左から2人目)

▲ “グループホームなも”にて (山常任幹事:左端 吉田党首:左から2人目)

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580