「なぜ今、協同組合医療・福祉なのか」学習講演会案内

ビクトール・ペストフ教授「なぜ今、協同組合医療・福祉なのか」学習講演会案内
~11月7日 医療生協さいたまふれあい会館 入場料無料~

 大阪大学大学院・人間科学研究科 斉藤弥生研究室主催のビクトール・ペストフ教授(※)による学習講演会「なぜ今、協同組合医療・福祉なのか」が下記の要領で開催されます。同教授は、2013年度、日本学術振興会科学研究費による海外共同調査「協同組合による医療・介護サービス供給に関する調査」で、5つの医療福祉生協(医療生協さいたま・長野医療生協・きらり健康生協・南医療生協・姫路医療生協)を訪問し、その後、医療福祉生協に関する基礎的な調査を実施しました。その成果をふまえ、医療福祉生協に関連する論文を海外で発表しています。
※ペストフ教授は、ヨーロッパにおけるサードセクター、特に協同組合研究の第一人者。専門はサードセクターで活動する組織団体の民主的運営や政治分析。日本の協同組合研究に強い関心を持っており、海外で医療福祉生協を世界中に発信しています。

<学習講演会の開催概要:参加費無料※要事前登録
◇開催日時:2014年11月7日(金) 13時~15時
◇開催場所:医療生協さいたまふれあい会館第1会議室
(埼玉協同病院となり 埼玉県川口市木曽呂1317:地図・アクセス
◇プログラム:
13時~15時:学習講演「なぜ今、協同組合医療・福祉なのか」
エーシタシュンダ―ル大学 ビクトール・ペストフ客員教授(スウェーデン)

◇参加申し込み方法:下記にメールでお申込み下さい。
医療福祉生協連 会員支援部 江本担当
メールアドレス:at_e@hew.coop