医療福祉生協連「中堅組織担当者研修会」報告

医療福祉生協連 2014年度 中堅組織担当者研修会 報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、9月25日~26日、ANAクラウンプラザ神戸にて、22生協・28人の中堅組織担当者の参加をえて、標記研修会を開催しました。この研修会は、医療福祉生協の今日的な役割を深く理解し、中堅組織担当者のリーダーとしての力量の向上、各地の医療福祉生協の担当者の交流を目的に開催しました。
 受講者からは、「組合員だけでなく、他団体を含めて連携していくことの大切さを再認識しました」「他の生協のとりくみを学べました。自生協に帰って実践していきたい」などの感想が寄せらました。

▲生活協同組合コープあおもり 三浦 雅子組織活動部部長 

▲生活協同組合コープあおもり 三浦 雅子組織活動部部長

▲グループワークの様子

▲グループワークの様子

<中堅組織担当者研修会の概要>
【第1日目:9月25日(木)】
◇基調報告:「地域包括ケア時代における医療福祉生協の役割と組織担当者の役割」
医療福祉生協連  松本弘道組合員活動委員長
◇全体討論:「教訓はみんなで共有、アクションはそれぞれ創造」
個別テーマ:(1) 若い世代へのアプローチ (2) 他団体と連携したとりくみ 
(3) 地域包括ケアを意識した活動の転換 (4)ポピュレーションアプローチの方策

【第2日目:9月26日(金)】
◇講演「購買生協から見た医療福祉生協」と連携への期待 
生活協同組合コープあおもり 三浦 雅子組織活動部部長
◇グループワーク:テーマ「組織することとは」、「新しい対象者のアプローチを広げるには」

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580