「コムコム川柳第35回入選作品」の紹介

「コムコム川柳第35回入選作品」の紹介(情報誌「comcom 2014年11月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品3句と講評を紹介~

医療福祉生協の情報誌「comcom 2014年9月号(第35回)」の折り込み葉書で応募いたただきました句から優秀作品3句と講評、その他の良かった句、添削句などを紹介します。

入選句掲載誌「comcom2014年11月号」表紙

入選句掲載誌「comcom2014年11月号」表紙

医療生協の情報誌『月刊comcom』案内
「コムコム川柳 2014年11月号」の募集案内(10月22日掲載)

○選者: 奈倉楽甫 全日本川柳協会常任幹事
コムコム川柳は、「待合室川柳」が定例化して始まりました。川柳は、病院の待合室だけでなく、往復の時間に見聞きしたこと、家に帰ってからのことなど、場所や時間を限定することなく生活全てがテーマになり得ます。また、主題が同じでも、ほかの人が気付かない思いやユーモアがあるはず。くらしに身近なテーマを決めて詠み合ってみるのも、楽しいですよ。
【優秀作品 :3句】※一部ペンネーム使用 
1.オトナよリ コドモ国会 開きまし  富山医療生協 UKOさん
議会・行政のしくみを学ぶため、子ども議会が開かれている地域があります。身近なテーマで議論する子どもたちの提案の中に、大人顔負けの発想があるかもしれません。
2.花は咲く 歌ってつなぐ 愛の手を  神戸医療生協 小林さん(77歳・支部運営委員)
 上五の句は、東日本大震災の復興支援ソングの題名。もうすぐ4年目を迎える今も、復興は完了していません。愛の力を絶やさずにつなげていくことが大切です。
3.60で 手習い実り 初舞台 乙訓医療生協 福島さん(78歳)
 還暦を迎えてから始めた習い事。時間はあっても、覚えるのにひと苦労です。そんな日々を振り返りながら、初舞台に臨む緊張とうれしさがあふれています。

■今月のその他の良かった句を紹介します。
・汚染水 ウニもアワビも ご迷惑      東信医療生協 上原(美)さん(60歳・組合員)
・ありのまま 歌うわが孫 まだ2歳     大分県医療生協 高野さん(65歳・理事)
・平泳ぎ 見せて楽しむ 夏休み       けいはん医療生協 大森さん(71歳・理事)
・子や孫の 家計支える 祖父のすね   東信医療生協 上原(忠)さん(66歳・組合員)
・人生の 迷い子になるよ 定年後      東京ほくと医療生協 木内さん(64歳・介護ドライバー)
・休肝日 明日は飲ますと 言い聞かせ  郡山医療生協 先崎さん(70歳・理事)

■ワンポイント・アドバイス:(選者:奈倉楽甫)
  ※寄せられた句を、選者に添削していただきました。参考にして投句してください。
元句:今夜だけ 私がスターだ 阿波おどり
⇒添削句:今夜だけ 私スターの 阿波おどり
元句:泣き語り 原爆のこわさ かたりべの
⇒添削句:原爆の こわさかたりべ 泣き語り
語順や助詞を少し変えるだけで、定型の五・七・五に落ち着きます。十七音のリズムを意識して読み返してみましよう。
※次号は、2014年9月号に寄せられた第36回目募集の川柳を発表します。
■お願い:募集句のうち優秀作品などを当会のホームページにて紹介させていただきます。その際に個人名での掲載が不都合の方は「俳号」または「ペンネーム」を必ずご記入願います。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:藤井) 電話:03-4334-1580