医療福祉生協「自立支援に資する介護計画づくり研修会」報告

医療福祉生協「度自立支援に資する介護計画づくり研修会(大阪会場・岡山会場)」報告
~東京会場は9月26日開催 申し込み受付中~

 医療福祉生協連(東京都新宿区:藤原高明会長理事)と日本生協連(東京都渋谷区:浅田克己会長)は、合同で標記研修会を、8月1日大阪、8月8日岡山で開催しました。この研修会は、「自立支援」に資する介護計画に必要な視点を学び、計画の質を向上し、介護報酬改定への対応力を高めることを目的にしています。すでに開催した2会場では参加者から「地域生協や他の医療福祉生協の事業所のみなさんの頑張る姿を見て、モチベーションが上がりました」「非常に分かりやすい内容で、自立支援に資する計画づくりの根本を確認することができました」などの感想が寄せられています。
 東京会場での開催は9月26日です。現在参加申し込みを受け付けております。
 大変お忙しい中とは存じますが、積極的に参加くださいますようをお願します。 image002 <自立支援に資する介護計画づくり研修会 開催 概要>
◇すでに開催した研修会の概要
■大阪会場:8月1日 (金) 新大阪丸ビル別館 参加者:50名(地域生協19名・医療福祉生協31名)
■岡山会場:8月8日 (金) 岡山ターミナルスクエア 参加者:49名(地域生協24名・医療福祉生協25名)
◇プログラム(※各会場共通です)
10:00~ 開会
10:05~12:00 学習講演「自立支援に資する介護計画への視点」 講師:佐藤寛子 ㈱メッセージ教育研修部スーパーバイザー
13:00~14:00 統一事例の検討の通じ、自立支援に資する視点を学ぶ
14:00~16:20 4人1組のグループで事例交流・事例検討(アドバイザー:佐藤寛子講師)
利用者の自立支援・自己決定という視点で受講者自身が作成した介護 計画を相互点検し、より質の高い計画づくりのヒントを見つけます。
16:30     閉会
■東京会場:9月26日(金)10:00~16:30 AP渋谷道玄坂 (申込締切日:9月12日・金)
渋谷区道玄坂 渋東シネタワー (地図・アクセス)

<参加者の感想の紹介(一部抜粋)>
●日々の目の前の業務に追われている中、チームで解決する大切さを確認できました。
●多職種・他事業所の計画書を見ることで、計画の立案方法や問題点に気がつくことが多くありました。とても有意義でした。
●非常に分かりやすい内容で、自立支援に資する計画づくりの根本を確認することができました。
●今までは、ケアプランに忠実に介護を提供し、介護保険の枠内でできることだけを意識してやってきましたが、利用者の意思や尊厳をもっと大切にしなければと強く感じました。
●グループワークを通じ、多職種連携の意義がよくわかりました。
●地域生協や他の医療生協の事業所のみなさんの頑張る姿を見て、モチベーションが上がりました。
●ケアマネジャーのみを対象にした研修会には何度も参加しましたが、今回のような多職種が参加する研修は初めてです。さまざまな計画を見ることができ、自分がつくるケアプランを見直す良い機会となりました。

※医療福祉生協の皆さまへ 研修会の詳細は、医療福祉生協連HPの「会員支援サイト」掲載の7月の連合会発信文書№138「2014年度自立支援に資する介護計画づくり研修会ご案内」をご覧ください。会員支援サイトはパスワードが必要です。

<問い合せ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:江本) 電話:03-4334-1580