社会民主党と懇談会を開催

社会民主党と懇談会を開催しました

医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、2014年8月20日、参議院議員会館にて、社会民主党(社民党)と懇談会を行ないました。これは7月8日の民主党との懇談会に続く、2回目となる政党との懇談会です。 社民党からは、吉田 忠智党首、福島 みずほ副党首をはじめ、6名に出席いただきました。医療福祉生協連からは、東久保浩喜専務理事など5名が出席しました。
医療福祉生協連から、組織・事業概要、認知症者の生活支援実態調査の概要などを踏まえながら、診療報酬改定の影響や介護職員確保の厳しい現状などを報告しました。社民党からは「①地域の医療を壊すな、②費用抑制を前提とした法改正には反対、この2点が基本。今後も連携し、現場の様子を知らせていただき、国会質問などに生かしていきたい。」「自治体レベルでの協力を進めていければと考えている」などの意見が出されました。最後に、今後も医療・介護現場の実態を共有するなど、懇談会を定期的に継続していくことを確認しました。

▲(前列右から)吉田党首・福島副党首

▲(前列右から)吉田党首・福島副党首

▲報告する東久保専務理事(左から3人目)

▲報告する東久保専務理事(左から3人目)

<社会民主党からの出席議員>
吉田 忠智 社会民主党党首(参議院議員)、福島 みずほ 社会民主党副党首(参議院議員)、山 登志浩 社会民主党常任幹事(江南市議会議員)、横田 昌三 社会民主党常任幹事、照屋 寛徳 社会民主党国会対策委員長(衆議院議員・代理)、小林 わかば 政策審議会事務局次長

<医療福祉生協連の出席者>
医療福祉生協連からは、東久保浩喜専務理事、野本 靖夫常務理事、松本 弘道常務理事、中島 あきこ執行役員(会員支援部長)、江本 淳広報担当

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部(広報担当) 電話:03-433-1580