医療福祉生協「2014年度 看護3年次研修会」報告

医療福祉生協「2014年度 看護3年次研修会」報告
~31医療福祉生協から70名が参加~

 医療福祉生協連(東京都新宿区 藤原高明会長理事)は、7月3日~5日の3日間、広島国際会議場(広島市中区)にて、「医療福祉生協についての理解を深め、平和を学び、いのちの大切さや人権について考え、全国の医療福祉生協で働く看護師との交流・親睦を深める」ことを目的に標記の研修会を開催しました。
 参加者からは「グループワークを通して、いろんな病院で実践していること、いろいろな人の考えを知ることができました」「明日から医療福祉生協の看護師であることを自覚し、自分の地域、組合員を知ることから始めていきたい」などの感想がありました。

▲研修会参加者による記念写真

▲研修会参加者による記念写真

<看護3年次研修会の概要>
◇プログラムと内容
【1日目:7月3日(木)13時30分~】
(1)講演:「組合員は医療生協が好きなのだ!」   医療福祉生協連 川﨑 順子理事
(2)講演:「医療福祉生協の看護とは?」   医療福祉生協連 千葉 妙子看護委員長

【2日目:7月4日(金)】 午前:フィールドワーク  午後:グループワークと学習講演
(1)フィールドワーク:「平和公園碑めぐり」「平和記念資料館見学」
(2)学習講演:「医療福祉生協の理念といのちの章典」  医療福祉生協連藤原高明会長理事

▲フィールドワークの様子  

▲フィールドワークの様子

▲藤原高明会長理事

▲藤原高明会長理事

【3日目:7月5日(土)】 
(1)学習講演:「マイナス思考を手なずける認知療法入門~看護師として健やかにら働くために~」
鳥取大学大学院医学系研究科 竹田伸也講師
(2)グループワーク:3日間の講演内容を受けて、明日からの実践課題について意見交流しました。

▲竹田 伸也講師   

▲竹田 伸也講師   

▲グループワークの様子

▲グループワークの様子

2013年度看護3年次研修会報告(2013年7月11~13日開催)

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580