集団的自衛権を容認する閣議決定に抗議し撤回をもとめます

 

集団的自衛権を容認する閣議決定に抗議し撤回をもとめます

日本医療福祉生活協同組合連合会
会長理事 藤原 高明

 7月1日安倍内閣は、集団的自衛権の行使は憲法9条の下では認められないとした歴代内閣の憲法解釈を崩す閣議決定をしました。

 これは、憲法の柱である平和主義を根本から覆す解釈改憲であり、立憲主義と平和主義に反し違憲です。国会にも諮らず、国民の判断も仰がないまま時の内閣が閣議決定で決められるものではありません。

 日本国憲法前文は、第2次世界大戦での多くの犠牲をだした反省の上に立ち「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し」、憲法9条は「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と掲げています。

 日本国憲法に基づく「理念」と「いのちの章典」を持つ医療福祉生協は、今回の閣議決定を決して認める訳にはいきません。

 日本の立憲主義の歴史において禍根を残す集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に対し強く抗議し、撤回を求めるとともに、今後の関係法律の改正等も許さない運動に引き続きとりくむことを決意するものです。

以上