医療福祉生協は「5・31 WHO世界禁煙デー」にとりくみます

全国の医療福祉生協は「5・31WHO世界禁煙デー」にとりくみます

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)と全国の医療福祉生協は、「禁煙」を広く発信するとともに、地域住民や自治体へのアピールに繋がるよう「5・31WHO世界禁煙デー」にとりくみます。

◇.実施方針
 WHO(世界保健機関)が発足40周年を記念して1988年4月7日を世界禁煙デ-とし、禁煙キャンペ-ンを実施することを決定した事が出発点になっています(翌年の1989年から5月31日)。世界禁煙デ-は、WHOが喫煙者に対しては24時間喫煙を控えるよう呼びかけるとともに各国の政府・自治体・諸機関・個人に対しては喫煙と健康問題についての認識を深め、適切な対策の実践を求める日です。
 5月31日のWHO世界禁煙デーと5月31日から1週間行われる禁煙週間に合わせ、喫煙による健康被害をあきらかにし、更なる禁煙促進の啓もうと世論喚起を行うことを目的とします。同時にまちかど健康チェック等や歯みがき班会にとりくみ、医療福祉生協の活動を知らせる機会として位置付けます。
◇.実施方法:
(1)自治体や学校に申し入れをおこない喫煙による健康被害を知らせ、禁煙意識を啓発する機会をつくりましょう。
(2)健康チェックとあわせ、「医療生協の8つの生活習慣」と「2つの指標」を呼びかけるとともに禁煙を訴えるとりくみをおこないましょう。
(3)歯みがき班会や歯みがきセミプロの学習会などを開き、喫煙による口の健康被害についても学ぶ機会としましょう。
◇医療福祉生協連では、先般募集した「世界禁煙デーポスターコンクール」の最優秀作品をデザインにした世界禁煙デーのポスターを作成しました。特に未成年者への啓蒙活動等にご活用くださいますようお願い申し上げます。

WHO5.31世界禁煙デー

<問い合わせ先>
医療福祉生協 会員支援部(担当: 黒田・高橋) 電話:03-4334-1580